簡単にiPhoneのストレージを増やす!残容量の確認方法やiCloudとの違いも解説!

アイフォン ストレージ iPhone

「iPhoneのストレージはどうやって増やすの?」
「ストレージを残りを確認する方法が分からない」
「iCloudのストレージと何が違うの?」
こういった疑問をお持ちではありませんか?

iPhoneのストレージは本体の容量のことです。
アプリなどをインストールすることで使われていきます。

しかし、ストレージの残りは少ないけど増やす方法が分からないという方もいるでしょう。

そこで当記事では、ストレージの空きを増やす方法やiCloudとの違いも解説しています。
あなたの疑問の解決に当記事が役立てば幸いです。

ストレージの使用状況を確認する

まず、ストレージの空き容量がどれくらいかを確認してみましょう。
ストレージの確認方法は以下の通りです。

➀「設定」を開きます。
➁「一般」をタップします。
➂「ストレージ」をタップすれば完了です。

開いたページで、ストレージの使用状況を確認することができます。
アプリ、写真などでどれくらい使っているかが一目で分かるでしょう。

空き容量を増やす際は、多くの容量を使っているものから対処することをおすすめします。

iPhoneのストレージの空きを増やす方法

iPhoneのストレージは、さまざまな方法で空きを増やすことが可能です。
ここでは、大きな改善を見込める以下の4つの方法をご紹介します。

・アプリのアンインストール
・写真、動画の整理
・キャッシュの消去
・曲の消去

アプリをアンインストールする

まず行ってほしいのが、不要なアプリのアンインストールです。
アプリの中に使っていない、使う予定が無さそうなものもあるでしょう。
そういったアプリを消すことで、空き容量を増やすことができます。

特にゲームは容量が大きいので、要らないものがあれば即座に消していきましょう。

写真・動画を整理する

写真や動画もストレージを圧迫する原因の1つです。
特に写真・動画をよく撮るという方は、フォルダを整理することで容量を空けることができます。

要らない写真・動画、そして削除したものも完全に消去しましょう。
実は、写真や動画を削除すると、削除した項目というフォルダができます。

そこに残っていてはあまり意味がありません。
削除した写真たちのフォルダにあるものも、もう1度削除しましょう。

Googleフォトを利用して容量を増やす

「写真はいっぱいあるけど、どれも消したくない」という方もいるかと思います。
そんな方におすすめなのが、Googleフォトです。

Googleフォトは簡単に言うと、WEB上に写真や動画を保存できるサービスになります。
Googleのサービスなのでセキュリティも安心です。

容量も制限がなく、アカウントさえあれば利用できるので、気になる方はぜひご利用ください。

キャッシュを消去する

ストレージの空き容量を増やす3つ目の方法は、キャッシュの消去することです。

キャッシュとはデータの履歴のことで、長く使い続けていると溜まってきます。
その溜まったものを消去することでストレージの空きを増やすことが可能です。

ここではよく使われる以下のアプリ別に、キャッシュを消す方法をご紹介します。

・Safari
・LINE
・Twitter
・Google Chrome

Safari

Safariのキャッシュを消す方法は以下の通りです。

➀「設定」を開きます。
➁「Safari」をタップします。
➂「履歴とWEBサイトデータを消去」をタップすれば完了です。

これでSafariのキャッシュが消去されます。
ただし履歴も消してしまうので、その点はご注意下さい。

LINE

LINEのキャッシュを消す方法は以下の通りです。

➀LINEを開きます。
➁歯車マークの設定をタップします。
➂「トーク」をタップします。
➃「データの削除」をタップします。
➄「キャッシュデータ」をタップし、「選択したデータを削除」をタップすれば完了です。

Twitter

Twitterのキャッシュを消す方法は以下の通りです。

➀Twitterを開きます。
➁「設定とプライバシー」をタップします。
➂「データ利用の設定」をタップします。
➃「メディアストレージ」と「ウェブサイトストレージ」のそれぞれをタップします。
➄「メディアストレージを削除」、「ウェブサイトストレージを削除」をタップすれば完了です。

ここで1つ注意していただきたいことがあります。
ウェブサイトストレージでは、「ウェブサイトストレージを削除」と「すべてのウェブサイトストレージを削除」の2つの消去方法があります。

この「すべての…」を選んでしまうとログインの際に、パスワードを再入力するなどの面倒が生じるので、ご注意ください。

Google Chrome

Google Chromeのキャッシュを消す方法は以下の通りです。

➀Google Chromeを開きます。
➁右上にある3点マークをタップします。
➂「履歴」をタップします。
➃「閲覧履歴データを削除…」をタップします。
➄「キャッシュされた画像とファイル」にチェックを入れて、「データを削除」をタップすれば完了です。

曲を消去する

ストレージの空き容量を増やす4つ目の方法は、曲を消去することです。
Music内にある不要な曲を削除することで、ストレージに空きができます。
不要な曲の消去方法は以下の通りです。

➀「設定」を開きます。
➁「一般」→「ストレージ」からストレージの管理画面へ行きます。
➂「ミュージック」をタップします。
➃楽曲が表示されるので、要らないものを左スワイプから削除していきます。

iCloudのストレージとの違いは何?

iCloudのストレージをiPhoneのストレージの違いがよく分からないという方もいるでしょう。

簡単に説明すると、iPhoneのストレージは本体そのものの容量。
iCloudのストレージはバックアップのデータを保存するための容量と言えます。

つまり、アプリをインストールした場合、iPhoneのストレージは使われます。
しかし、iCloudのストレージは使われません。

その反対に、写真などのデータをバックアップする際にはiCloudのストレージが使われます。

iCloudのストレージを増やす方法

iCloudのストレージが残り少ないという方もいるでしょう。
iCloudは初めは無料で5GBのストレージがあります。
しかし、月額料金を払うことでストレージの容量を増やすことが可能です。

料金は以下のようになっています。

50GB 130円
200GB 400円
2TB 1300円

まとめ

いかがでしたか?
iPhoneのストレージの空きを増やすにはさまざまな方法があります。
特におすすめの方法が、アプリのアンインストールやキャッシュの消去です。

また、iPhoneのストレージはiCloudのストレージとは違うのでご注意ください。
最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサードリンク
iPhone
シェアする
wakaruni_contributorをフォローする
スポンサードリンク
3分で分かるに変わる!パソコンインストラクターが教える情報サイト | ワカルニ

コメント