iPhoneのテザリング機能とは?料金・使い方・注意点を徹底解説!

iphone テザリング iPhone

「iPhoneのテザリングって何?」
「テザリングはどうやって使うの?」
こういった疑問をお持ちではないでしょうか。

テザリングとはiPhoneにある機能の1つです。

しかし、どういう機能か分からない、使い方が分からないという方もいるでしょう。

そこで当記事では、iPhoneのテザリング機能やその使い方などを解説しています。
あなたの疑問の解決に当記事が役立てば幸いです。

iPhoneのテザリングとは

テザリングとは、iPhoneからデータ通信を飛ばして、PCやタブレットやゲーム機をインターネットに接続することを可能にする機能です。
簡単に言うと、iPhoneがモバイルルーター、ポケットWi-Fiの代わりになります。

iPhoneのテザリングを利用すれば、モバイルルーターがなくても外出先でPCなどの利用が可能になるということです。

iPhoneのテザリングの料金は?

iPhoneのテザリングは、元からプランに組み込まれている場合や新たにオプションとして付け加える場合があります。

結論から言えば、auとソフトバンクは無料の方と新たにオプションを付け加える必要がある方がいます。
ドコモの方はどのプランでも無料で利用することが可能です。

ドコモ

ドコモの方はテザリングを利用するのに料金はかかりません。
ウルトラパックというプランに加入している方は、元々は別料金が必要でした。
しかし、現在(2019年8月)は無料キャンペーン中なので、ドコモのどのプランでもテザリングが無料で利用できます。
また、申し込みも不要です。

ソフトバンク

ソフトバンクでは、プランによって料金が変わってきます。

プラン 月額料金
データ定額ミニ 1GB/2GB
データ定額 (おてがるプラン専用)
データ定額 5GB
データ定額S (4Gケータイ)
0円
データ定額 50GBプラス/ミニモンスター
データ定額 20GB/30GB/50GB
データ定額スマホデビュー
家族データシェア 50GB/100GB
法人データシェアギガパック (50)/(100)
月々500円

参照元:ソフトバンク

料金は上記のようになります。
上に記載がないプランの方は月々500円が必要です。
またソフトバンクの方は、テザリングの利用に申し込みが必要なのでご注意ください。

au

auもソフトバンクと同様、プランによって料金が変わります。

プラン 月額料金
新auピタットプラン
auピタットプラン(s)
auフラットプラン7プラス
auデータMAXプラン
データ定額 1/2/3/5
0円
auフラットプラン20
auフラットプラン25 Netflixパック
データ定額20/30
auピタットプラン
auフラットプラン30
auフラットプラン5(学割専用)
U18データ定額20
LTEフラット
月々500円

参照元:au

料金は上記のようになります。
auもテザリングの利用には申し込みが必要です。
また新規に申し込みをする方は、テザリングの無料オプションがついてくるのに期限があるプランもあるのでご注意ください。

iPhoneのテザリングの設定方法

iPhoneのテザリングには3種類の方法があります。
それは、➀Wi-Fiテザリング・➁Bluetoothテザリング・➂USBテザリングの3つです。

一般的にテザリングというとWi-Fiテザリングのことなので、早く利用したいという方はWi-Fiテザリングをご覧ください。

Wi-Fiテザリング

Wi-Fiテザリングの方法は以下の通りです。

➀「設定」→「インターネット共有」を開きます。

➁「インターネット共有」をオンにします。

➂「Wi-Fiをオンにする」をタップします。
すでにオンの場合は表示されません。

➃接続したいデバイスで、iPhoneのネットワーク名を選びパスワードを入力すれば、テザリングの完了です。
ネットワーク名とパスワードは、「インターネット共有」のページに記載されています。

Bluetoothテザリング

Bluetoothテザリングの方法は以下の通りです。

➀「設定」→「インターネット共有」を開きます。

➁「インターネット共有」をオンにします。

➂「Bluetoothをオンにする」をタップします。
すでにオンの場合は表示されません。

➃接続したいデバイスでBluetoothをオンにして、自分のiPhoneを選択します。

➄ペアリングの要求をされるので、「ペアリング」をタップします。
これでテザリングの完了です。

USBテザリング

USBテザリングの方法は以下の通りです。

➀まずPCとiPhoneをUSBで接続します。

➁iPhoneで「設定」→「インターネット共有」を開きます。

➂「インターネット共有」をオンにします。

これでテザリングの完了です。

3種類のテザリングのメリット・デメリット

これらの3つにはそれぞれメリットとデメリットがあります。

Wi-Fi Bluetooth USB
メリット 対応度が高い・複数端末に繋げる 充電の消費が少ない 速度が速い
デメリット 充電の消費が速い 速度が落ちる 1台しか繋げない

Wi-Fiテザリング

Wi-Fiテザリングは最もポピュラーな方法です。
どのデバイスにも対応できますし、複数の端末で同時に接続できるのもメリットになります。
しかしその一方で、充電の消費が速いという点はデメリットと言えるでしょう。

Bluetoothテザリング

Bluetoothテザリングのメリットは、充電の消費が少ないということです。
Wi-Fiテザリングに比べて、長く持ちます。
しかし、通信速度が落ちてしまう点はデメリットになるでしょう。

USBテザリング

USBテザリングのメリットは、速度が速いという点になります。
特にPCと接続する場合は、同時に充電もできるためバッテリーを心配する必要もないです。
しかし、1台しか接続できないので、同時に複数の端末では利用できません。

テザリングを利用する際の注意点

iPhoneでテザリングをするときには注意すべきことがいくつかあります。
具体的には、➀データ通信量・➁充電の消費といった問題です。
では、それぞれ見ていきましょう。

データ通信量

テザリングで1番注意すべきことは、データ通信量がかかるという点です。
あまり使いすぎると、すぐに速度制限にかかってしまいます。
特に、動画の視聴は大量にデータを使用するので注意が必要です。

充電の消費

もう1つの注意する点は、充電の消費が速くなることです。
3つの方法の中では、特にWi-Fiテザリングが1番充電を消費します。
Bluetoothテザリングだと、多少充電の消費を抑えられるので、工夫して使い分けるのがポイントです。

テザリングが上手くいかない時の対処法

テザリングが上手くいかない、すぐに切れるという問題がたまに発生します。
そういう時には、➀接続しなおす・➁iPhoneを再起動するといった方法を試してみましょう。

接続しなおす

まず最初に試してほしいことは、テザリングを一回切って、もう一回接続しなおすという方法です。
テザリング先のPCなどで、接続をし直してください。
これで上手くいかない場合は、iPhone側のWi-Fiやモバイルデータ通信をオフ→オンにしてから、再度テザリングをしましょう。
これらを試すことで治る可能性があります。

iPhoneを再起動する

もし上の方法で上手くいかない時は、iPhoneを再起動してみてください。
iPhoneを再起動し、もう一度1からテザリングをしてみると上手くいく時があります。

もし何度やっても上手くいかないというときには、お問い合わせをしてみるのが1番早く解決できるでしょう。

まとめ

いかがでしたか?
iPhoneのテザリングを利用すれば、他のデバイスをインターネットに接続することができます。
iPhone1つあれば、モバイルルーターの代わりになるのでとても便利です。
気になる方はぜひ1度使ってみてください。
最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサードリンク
iPhone
シェアする
wakaruni_editorをフォローする
スポンサードリンク
3分で分かるに変わる!パソコンインストラクターが教える情報サイト | ワカルニ

コメント