LINE上級者が教えるLINE交換のやり方とLINE交換の上手な切り出し方

line 交換 LINE

「LINE交換をしたい相手がいるけど、どういうタイミングで切り出せばいいのかな?」
「LINEを交換したいけど、連絡先が分からなくてタイミングを逃してしまう…」

みなさん、こんな悩みをお持ちではないでしょうか?

LINEは友達や家族、仕事仲間と連絡を取る上で今や必須といっていいアプリです。
スタンプや着せ替えなどの機能にわかりやすいインターフェイスで、子供から大人まで幅広く使用しています。

しかし基本的な機能が分かりやすいために、例えばLINEの交換方法の種類など、普段使わない機能については知らないという方も多いのではないでしょうか。

この記事では、LINEの交換の方法についてだけでなく、うまい交換の切り出し方や交換時のマナーについてもまとめました。
これを読んで充実したSNSライフを送ってください!

LINE交換のやり方

まずは、LINE交換のやり方についてみていきましょう。
いくつか方法があるので、状況に合った交換を試してくださいね。

相手がそばにいるときのやり方

LINE交換にはやり方が複数ありますが、まずは相手がすぐそばにいるときのやり方が分かりやすく一般的でしょう。
この場合は、LINEの機能である「ふるふる」を使う方法と、QRコードを読み込む方法があります。

ふるふるを使うときは、LINEを交換したい相手と自分の両方で、ふるふるの画面を表示させてから、一緒に端末をシェイクするか、画面をタッチします。

ふるふるの画面は、LINEのホーム画面の右上にある「友だち追加」をタップし、画面上部に並んだ「招待」「QRコード」「ふるふる」「検索」から「ふるふる」をタップします。
ふるふるで検索した結果、「友だち」に表示された相手の名前の右側にチェックボックスが表示されますので、これにお互いにチェックして画面下部の「追加」をタップすると友だちに追加できます。

メリットとしては、複数の人と一度に交換できるという点が挙げられます。
そして、ふるふるは他の方法よりも手軽に交換ができるため、普段からLINEを使っている人同士ではよく使われています。

次によくあるのがQRコードを読み込む方法です。
LINEのホーム画面の右上にある「友だち追加」をタップし、画面上部に並んだ「招待」「QRコード」「ふるふる」「検索」から「QRコード」をタップします。

QRコードリーダーが表示されるのでこれで相手のQRコードを読み込むか、画面下部の「マイQRコード」をタップして自分のQRコードを表示させ、これを相手のQRコードリーダーで読み取ってもらうかしてもらえば友だちに追加できます。

ただし、ふるふると違い1対1でしか交換ができません。
また、事前にどちらが読み込む側かを打ち合わせて行う必要があるので、ふるふると比べてやや面倒な手順が増えているといえます。

相手とLINE以外の連絡先がある場合のやり方

相手と対面していない場合でも、相手のメールアドレスや電話番号などを知っている場合はいくつかの交換手段があります。

ひとつはSMSで招待を送るやり方です。
LINEのホーム画面の右上にある「友だち追加」をタップし、画面上部に並んだ「招待」「QRコード」「ふるふる」「検索」から「招待」をタップします。
招待方法として「SMS」「メールアドレス」が表示されるので、「SMS」をタップすると、連絡先に登録されている電話番号と登録名を名前で検索できるようになります。

任意の名前を選んで画面下部の「招待」を タップすれば相手に自分のQRコードとURLが送られます。
QRコードの読み取り、あるいはURLのタップ、どちらからでも友だち追加できます。

電話番号が分かっているのなら、SMSだけではなく電話番号検索でも相手のLINEを友だちに追加することができます。
ただし、アカウントによっては電話番号登録がされていないこともあります。

18歳未満の場合は番号検索そのものが使えませんし、番号検索で友だちに追加をお互いがオンにしていなければ検索できません。
そのため、電話番号が分かっている場合は番号検索よりSMSで送るほうが確実かもしれません。

同様にE-mailでも招待を送れます。
LINEのホーム画面の右上にある「友だち追加」をタップし、画面上部に並んだ「招待」「QRコード」「ふるふる」「検索」から「招待」をタップします。
招待方法として「SMS」「メールアドレス」が表示されるので、「メールアドレス」をタップすると、連絡先に登録されているメールアドレスと登録名を名前で検索できるようになります。
SMSの場合と同様に招待を送れます。

また、端末にメールアドレスが登録されていない場合でも、QRコードリーダーでは自分の端末に保存してあるQRコードも「ライブラリから読み込む」で読み込めます。
そのため、マイQRコードを端末に保存し、画像として相手のメールアドレスに送ることができます。

このQRコードを相手に読み込んでもらうことでIDが交換できます。
安全のため、相手と連絡先が交換できたことを確認した後はマイQRコードを更新しておきましょう。

その他のやり方

相手が対面ではなく、電話番号やメールアドレスも分からない場合、LINE IDを教えてもらってあとで友だち追加する、という方法もあります。

LINEのホーム画面の右上にある「友だち追加」をタップし、画面上部に並んだ「招待」「QRコード」「ふるふる」「検索」から「検索」をタップします。
IDか電話番号での検索ができるようになるので、IDを入力して検索しましょう。

IDについては事前に検索される側が登録しておいて、「IDによる友だち追加を許可」にしていないと検索できません。
また、電話番号と同じく18歳以下は検索できないので、場合によってはID検索で相手が出ない場合もあります。

その他の手段としては、相手とLINEを交換している共通の友だちに頼んで、LINE連絡先をトークに送ってもらうという方法があります。

共通の友だちとのトーク画面でプラスボタンをタップし、「連絡先」をタップしてもらいます。
送りたい連絡先を「LINE友だちから選択」「端末の連絡先から選択」「myBridgeから名刺を選択」で選択し、送信をタップします。

このトーク画面に送られた相手のアイコンをタップすると、プロフィール画面になり、友だちに追加できます。

また、共通のグループ内のメンバーリストに入っている場合は、トークルームの名前をタップしてメンバーを表示し、プロフィール欄から追加することができます。
この場合も、事前に共通の友だちを通じてグループトークに招待してもらう必要があります。

LINE交換の切り出し方

続いて、LINE交換を切り出すタイミングや方法をご紹介します。

切り出すタイミング

LINE交換を切りだすタイミングとしては、別れ際に交換するのが一般的かと思います。
「次の約束がしたいから」などの理由を添えてLINEを教えてもらうと自然ですね。

特に嫌っている相手でないなら、自分に興味を持ってもらえたり、また会いたいと思ってもらえたりするとうれしいものです。

また、大勢で一緒にいるときなどに呼び掛けて、みんなで一緒にLINEを交換するのも自然な方法でしょう。
集まったことの少ないメンバーの場合、この方法を使えば友人を増やすことができますね。

用事を作る

用事を作ってLINEを聞くという方法もあります。
一緒に行動した後などに、「写真送りたいから」などの理由をつければ違和感なくLINEの連絡先を知ることができます。

また、相手が自分の先輩や、何らかの分野で詳しい人ならば、「仕事を教えてほしい」「○○について教えてほしい」「相談したいことがある」などの理由でLINEを聴くこともできます。
頼られて嫌な気持ちになる人はいませんから、高感度アップも狙うことができます。

ただし、こうした相手を頼る方法では、あまりに重い頼り方をすると逆に相手に嫌われてしまう可能性もあります。
あくまで、重くない相談や頼みごとをするツールとしてLINEを利用しましょう。

これとは逆に、自分が相手の知りたいことに詳しくなることで、「お店の情報を送る」などの理由をつけてLINEを交換することもできます。
この場合は、日ごろから相手の趣味や好きなものを調べておき、それについて詳しくなることで相手に興味を持ってもらう必要があります。

積極的に言う

なんらかの用事や友人を間においてLINEを交換するというのもスマートな方法ですが、状況によっては「もっと話したい」と積極的に言ってしまってもいいかもしれません。

話していて楽しかったとはっきり言ってもらえれば相手もうれしいでしょう。
ただし、こうしたやり方はある程度話が盛り上がった相手にしか使えないので、その点は注意してください。

LINE交換のマナー

最後に、LINE交換をする際のマナーについて確認しておきましょう。

先に相手の了解を得ておく

先に上げたように、友だちを介してLINEの友だちに追加してもらう場合、事前に相手の了解を得ておくほうがスマートでしょう。
もちろん、こちらが友だちに追加していても相手がしないということはできます。

しかし「急に誰だかわからない人に友だち追加されて連絡が来た」という状況にならないよう、あらかじめ相手に了解を取っておくべきです。
最初の印象を悪くすることのないよう気を配りましょう!

断られたらしつこくしない

LINEの交換を申し出ても、場合によっては「今端末の修理中で代替機だから」「LINEをやってないから」「スマホ持ってないから」などの理由をつけて断られてしまうことはあります。

人にはいろいろな事情があるもの。
一度断られたら、その理由が嘘だと思ってもしつこく聞き出そうとしないようにしましょう。

アイコンや名前を分かりやすくする

LINEを交換するとき、相手の名前が知らないあだ名だったり読みづらい英数字だったりすると、やり取りをするときにわかりづらくなってしまいます。
そのため、交換するときにはアイコンや名前を分かりやすく設定しておくのがマナーです。

特に、ID検索やふるふるなどを使った場合では、複数の相手が表示される可能性があるため、分かりやすくしておかないとやり取りに時間がかかってしまいます。

せっかく便利な交換機能を利用するのですから、相手に無駄な手間を取らせないよう配慮しましょう。

まとめ

LINEの交換は、タイミングを逃してしまうと切り出しにくくなってしまいます。
初めて会った時や別れ際、友だちを介してなど、相手と個人的にやり取りがしたいと思ったなら自分から行動しなければなりません。

LINEの交換方法はいろいろと種類がありますが、状況に合わせて相手への配慮を忘れずに交換できるようになりましょう。

スポンサードリンク
LINE
シェアする
wakaruni_contributorをフォローする
スポンサードリンク
3分で分かるに変わる!パソコンインストラクターが教える情報サイト | ワカルニ

コメント