簡単!Androidの初期化とバックアップ&復元を解説!失敗しないための注意点とは?

Android初期化 Android

「Androidでどうやって初期化するの?」
「初期化したらどうなる?」
「バックアップや復元方法も知りたい!」
こういった疑問をお持ちではありませんか?

あなたは今、スマホの買い替えや不具合が起きたため、Androidの初期化をしようとしているかもしれません。

しかし、Androidの初期化方法が分からないという方も多いでしょう。

そこで当記事では、Androidの初期化方法や初期化の前にすることを解説しています。
初期化するとどうなるか、バックアップと復元方法も解説しているので、よければ最後までご覧ください。

Androidを初期化するとどうなる?初期化の注意点

Androidを初期化すると全てのデータが消えます。
なぜなら、初期化とは端末を工場出荷時の状態に戻すことだからです。

つまり、LINEのデータやSNSの情報、写真や動画からゲームアプリのデータまで全て消えるということになります。

そのため、初期化をする際はデータのバックアップを取っておきましょう。
バックアップがあれば、初期化されたスマホや新しいスマホに、前のデータを移すことができます。

また、Googleアカウントを端末から削除することも忘れてはいけません。
データのバックアップ、Googleアカウントの削除の2つについては、後ほど詳しく解説します。

Androidを初期化する方法

Androidを初期化する方法は、以下の通りです。

「設定」→「システム」→「リセット」→「端末をリセット(データの初期化)」

この手順で初期化が可能です。
しかし、初期化の前にもすべきことがあります。
それらを完了した上で、初期化をしましょう。

初期化をする前にすること

初期化の前にすることは次の2つです。

①データのバックアップ
②端末からGoogleアカウントを削除する

バックアップに関しては、「3.Androidでバックアップを取る方法」で解説しています。

端末からGoogleアカウントを削除する

これは、Googleのアカウント情報を端末から削除するだけです。
Googleアカウント自体は削除されません。

初期化の前には、必ずGoogleアカウントを端末から削除しないといけません。
そうでないと、新しく手に渡った人に悪用されてしまう可能性もあるからです。

方法は以下のようになります。

①「設定」を開きます。
②「ユーザーとアカウント」をタップします。機種によっては、「アカウント」となっている場合があります。

③「Google」をタップします。

④「削除」をタップすれば、完了です。

初期化する

バックアップ、Googleアカウントの端末からの削除が完了すれば、いよいよ初期化です。
Androidの初期化方法は、以下のようになります。

①「設定」を開きます。
②「システム」をタップします。

 

③「リセット」をタップします。

④「端末をリセット」をタップします。機種によっては「データの初期化」となっている場合があります。

⑤下にある「リセット」をタップすれば完了です。

Androidでバックアップを取る方法

「Androidでどうやってバックアップを取るの?」と疑問をお持ちの方もいるでしょう。
今回は、特に重要な以下の4つについて解説します。

①連絡先
②写真・動画
③LINE
④SNSやゲーム

連絡先

連絡先のバックアップを取る方法は、以下の通りです。

①「設定」を開きます。
②「ユーザーとアカウント」をタップします。

③「Google」をタップします。

④「連絡先を同期」がオンになっていれば、バックアップがされています。オフの場合はオンにしましょう。

写真・動画

写真・動画のバックアップには、Googleフォトを利用します。
Googleフォトとは、ネット上にデータが保管されるサービスです

そのため、データが端末から消えても写真・動画は残ります。

Googleフォトでバックアップを取る方法は、以下の通りです。

①Googleフォトのアプリを開きます。
②「設定」をタップします。
③「バックアップと同期」をタップします。
④「バックアップと同期」をオンにすれば完了です。

LINE

LINEのバックアップは、LINEアプリから行います。
LINEのバックアップのためにすることは2つです。

①アカウント情報を登録する
②トーク履歴のバックアップを取る

アカウント情報を登録する

新しく始めたときに、今のデータを使えるようにアカウント情報を登録しておきましょう。
具体的にすることは、電話番号・メールアドレス・パスワードの登録です。

①歯車マーク(設定)をタップします。

②「アカウント」をタップします。

③電話番号、メールアドレス、パスワードがそれぞれあるので、登録しましょう。

トーク履歴のバックアップを取る

トーク履歴のバックアップを取っていないと、全て消えてしまうので気を付けましょう。
トーク履歴のバックアップを取る方法は、以下の通りです。

①歯車マーク(設定)をタップします。

②「トーク」をタップします。

③「トーク履歴のバックアップ・復元」をタップします。

④「Googleドライブにバックアップする」をタップします。

⑤メールアドレスを選択します。

⑥LINEによるリクエストを「許可」すれば完了です。

これで、トーク履歴のバックアップが取れました。

SNSやゲーム

SNSやゲームのアカウント情報を残すには、自分で記録する必要があります。
例えばTwitterであれば、ログインに必要なユーザー名とパスワードを保管しておくということです。

ゲームに関しても、引き継ぎデータを紙に書いておくなどして管理しましょう。
データさえあれば、新しいスマホになっても前のものが引き継げます。

Androidでデータを復元する方法

Androidでデータを復元する方法が分からないという方もいるでしょう。
復元方法を、以下の3つに分けて解説します。

①Google系(連絡先や画像・動画)
②LINE
③SNSやゲーム

ではそれぞれ見ていきましょう。

Google系

Googleアカウントでバックアップを取ったものは、アカウントにログインすれば自動的に復元されます。
例えば、連絡先や画像・写真はGoogleのサービスでバックアップを取りましたね。

そのため、同じアカウントにログインすればそのデータが復元されるということです。
必要なことは「同じアカウントにログインする」、それだけです。

LINE

LINEの復元は、アプリの手順に沿ってください。
新しくアプリを始めると、電話番号の入力が求められます。
アカウント情報に登録した電話番号を入力すれば、そこから復元の手順になるでしょう。
アプリの手順に従って進めば、以前のデータが復元されます。

トーク履歴を後から復元する人は、以下の方法で復元してください。

①歯車マーク(設定)をタップします。
②「トーク」をタップします。

③「トーク履歴のバックアップ・復元」をタップします。

④「復元する」をタップすれば完了です。

SNSやゲーム

SNSやゲームのデータを復元する方法は、至ってシンプルなものになります。
保管しておいた情報を元に、ログインや引き継ぎをすればいいだけです。
Twitterであれば、同じアカウントでログインすれば前と同じものになります。

もしその情報を忘れた、という場合は運営に問い合わせてみましょう。
自分が覚えている情報から、データを復元することができるかもしれません。

 Android初期化まとめ

Androidは、初期化をすると全てのデータが消えます。
そのため、バックアップなどの準備をまず行いましょう。

初期化は「設定」→「システム」→「リセット」から行えます。
詳しくは記事内でご説明していますので、これから初期化を行うという方はぜひご覧ください。
皆さんが無事にAndroidの初期化を完了できれば幸いです。

スポンサードリンク
Android
wakaruni_contributorをフォローする
スポンサードリンク
3分で分かるに変わる!パソコンインストラクターが教える情報サイト | ワカルニ

コメント