【熟練者が解説】MAMPでWordPressのローカル環境をサクッと構築する方法

mamp wordpress WordPress
「WordPressのローカル環境を作りたい!」
あなたはそう思ってこのページを見つけたのではないでしょうか?

「ローカル環境を作るにはMAMPが良さそう」
「でもどうやって環境を作るの?何だか難しそう・・・」
初心者の方にはハードルが高く感じますよね。

でも安心してください。

MAMPを使ったWordPressのローカル環境を構築する方法はとても簡単です。
この記事を読めば、きっとそのことをわかってもらえるはず。

「環境を構築する」と聞くと何だか大きなことのようですし、サーバーの知識がないとできないと思ってしまいますよね。

しかし、実はたったの数ステップでローカル環境は作れてしまうのです。
ここに書いてある手順どおりに進めれば、誰でもあっという間に構築することができますよ。

それではここから、MAMPを使ってWordPressのローカル構築する方法をご説明します。

この記事が皆さんのお役に立てることを願っています。

MAMPとは?

MAMPは、無料で使えるローカルサーバー環境です。
WordPressを構築して動かすために必要な3つのツール、「Webサーバー」、「PHP」、「データベース」が一つにまとめられています。

たったの数ステップでサーバーにインストールすることができ、その手軽さ、便利さから、多くの人に使用されている人気の製品です。
MacにもWindowsにも対応しています。

MAMPを使ってWordPressローカル環境を作る方法

さて、ここから、MAMPを使ってWordPressをローカル環境へ構築するまでの手順を一つずつご説明します。
とても簡単なので、初心者の方でも問題なく行うことができますよ。

MAMPをインストール

まずは公式サイトからMAMPをダウンロードしましょう。

MAMPの公式サイトへアクセスし、Free Downloadをクリック。

mamp wordpress

次に出てくる画面で、Macの人は左、Windowsの人は右をクリックし、MAMPをダウンロードします。

mamp wordpress

ダウンロードが完了したら、そのファイルを実行してインストーラーを起動しましょう。

mamp wordpress

インストーラーにいくつかの手順が表示されるため、「続ける」ボタンを押していき、「インストール」まで進めましょう。

下の画面が表示されれば完了です。

mamp wordpress

MAMPの初期設定

インストールが完了したら、次はMAMPの初期設定を行います。
まずはMAMPを起動しましょう。

インストールしたMAMPのフォルダの中に、MAMPを起動する実行ファイルが入っているので、ダブルクリックして実行します。

MACの場合は、下のアイコンがその実行ファイルです。

mamp wordpress

なお、「MAMP PRO」(下記画像)も同時にインストールされるのですが、「MAMP」を起動してくださいね。

mamp wordpress

MAMPを起動すると、下のウィンドウが表示されます。

mamp wordpress

このウィンドウが起動したら、画面上部にある、MAMP – Preferences…をクリック。

mamp wordpress

すると、設定画面が開きます。

mamp wordpress

タブがいくつかありますが、設定が必要なところだけ抜粋して説明します。

ポート

まずは「Ports」タブ。
デフォルトでは、Apache Portが8888になっています。

そのまま使っても問題ありませんが、下の赤枠のボタンを押してポートを「80」にすることで、Apacheにアクセスする際、ポートの指定をせずに済むようになります。

ポートが8888の場合:http://localhost:8888/
ポートが80の場合:http://localhost/

mamp wordpress

Webサーバー

次に、「Web Server」タブです。
Web Serverは「Apache」のままで問題ありません。

Document RootはApacheのデータを保存する場所のことです。
特に希望がなければこのままでOKですが、場所を変えたい方はお好きなフォルダへ変更してください。

mamp wordpress

これでMAMPの初期設定は終わりです。

データベースの作成

次はデータベースの作成です。

まずは、「Start Servers」をクリックして、サーバーを起動します。

mamp wordpress

次に、「Open WebStart page」をクリックします。

mamp wordpress

すると、MAMPのWebページが開くため、その中のTOOLS – PHPMYADMINを選択してください。

mamp wordpress

次に、phpMyAdminの画面が表示されますので、「Databases」タブを開きます。
「Database name」に任意の名前をつけて、「Create」ボタンを押し、データベースを作成しましょう。

mamp wordpress

WordPressをインストール

最後に、WordPressのインストールを行います。

まずは、WordPressの公式サイトへ行きます。

「WordPressを入手」をクリック。

mamp wordpress

WordPressをダウンロードします。

mamp wordpress

ダウンロードした圧縮ファイルを解凍し、「2.2.2 Webサーバー」で指定した、ApacheのDocument rootへ「wordpress」フォルダごと置きます。

mamp wordpress

次に、MAMPの「Open WedStart page」をクリック。

mamp wordpress

するとMAMPのWebページが開くので、「MY WEBSITE」をクリックします。

mamp wordpress

下の画面が表示されるので、「wordpress/」をクリックしてください。

mamp wordpress

クリックしたら、WordPressの画面が表示されます。
ここで、「さあ、始めましょう!」をクリックします。

mamp wordpress

今度は、データベース情報が求められるため、下記のように入力します。

  • データベース名:「2.3. データベースの作成」でつくったデータベースの名前
  • ユーザー名:root(デフォルト値)
  • パスワード:root(デフォルト値)
  • データベースのホスト名:localhost
  • テーブル接頭辞:任意の文字

入力できたら「送信」ボタンを押してください。

mamp wordpress

送信ボタンを押すと、次の画面が出てくるため、「インストール実行」をクリック。

mamp wordpress

「ようこそ」画面が表示されるので、サイトのタイトルやユーザー名など一通り入力して、「WordPressをインストール」ボタンを押してください。

mamp wordpress

「成功しました!」という画面が出ればインストール完了です。

mamp wordpress

まとめ

今回は、MAMPを使ってWordPressのローカル環境を作る方法をご説明しました。

とても簡単で、誰でもサクッと構築できるということがわかっていただけたのではないでしょうか?
ぜひこの記事を参考にしながらローカル環境を作ってくださいね。

コメント