iPhoneのアクティベーションロックとは?解除方法まで徹底解説!

iphone アクティベーションロック iPhone

「iPhoneのアクティベーションロックって何?」
「どうやって解除するの?」
こういった疑問をお持ちではありませんか?

初期化について調べる中で、アクティベーションロックを知ったという方もいるかもしれません。
しかし、それがどういうものか分からない方も多いでしょう。

そこで当記事では、iPhoneのアクティベーションロックについて解説しています。
また、解除方法についても解説しているので、よければご覧ください。

iPhoneのアクティベーションロックとは

iPhoneのアクティベーションロックとは、他人に自分のiPhoneを悪用させないための保護機能です。

例えば、アクティベーションロックが有効な状態で初期化をした場合、ロックを解除するまでそのiPhoneは使うことができません。
そしてその解除には、Apple IDとそのパスワードが必要になります。
そのため、基本的に自分以外は解除できない機能なのです。

つまり、第三者の手に渡ったとしても、その人はあなたのiPhoneを使うことができません。

ただし、1つ気をつけて頂きたいことがあります。
それは、修理や第三者に譲るためiPhoneを初期化する場合は、アクティベーションロックを解除しておくということです。

有効なまま初期化すると、自分以外解除できないという状態になり、相手に不便をかけてしまいます。
そのため、初期化の前には解除しておきましょう。

アクティベーションロックの状態を判別する方法

アクティベーションロックになっているか、状態を判別する方法が気になる方もいらっしゃるでしょう。

結論から申しますと、「アクティベーションロック」という画面が出てきたらロックがかかっている状態となります。
その際には、白い画面でApple IDとパスワードの入力が求められるでしょう。

初期化後、何も出てこずに初期設定を終えられたらロックはかかっていなかったということです。

アクティベーションロックの解除方法

アクティベーションロックの解除には、大きく2パターンあります。
1つは「ロック状態のアクティベーションロックを解除する方法」、もう1つは「初期化前に解除する方法」です。

用途に合わせてご覧ください。

初期化後のロックを解除する

初期化後にアクティベーションロックを解除する方法は、以下の通りです。

①Apple IDを入力します。
②パスワードを入力します。
③右上の「次へ」を押せば完了です。

もし、間違ったIDなどを入力した場合は、次へ進めないでしょう。
何事も無く次の手順になれば、アクティベーションロックを解除したということになります。
そして、もし譲り受けたiPhoneの場合は元の所有者に解いてもらいましょう。

元の所有者が身近にいない場合

もし、解除したいiPhoneが譲り受けたもので、かつ元の所有者がいない場合は以下の方法が有効です。
以下の作業は、元の所有者に行ってもらう作業となります。

iCloudのサイトにアクセスします。
②Apple IDなどを入力しサインインします。
③「iPhoneを探す」を選びます。
④「すべてのデバイス」から、解除したいデバイスを選びます。
⑤「iPhoneを消去」を選びます。
⑥消去の手順を進めていきます。
⑦最後に「アカウントから削除」を選択すれば完了です。

これで、遠隔からアクティベーションロックを解除することができます。

初期化前に解除する

初期化前にアクティベーションロックを解除する方法は、以下の通りです。

①「設定」を開きます。
②「ユーザー名」をタップします。
③「探す」をタップします。
④「iPhoneを探す」をタップします。
⑤「iPhoneを探す」をオフにします。
⑥パスワードを入力すれば完了です。

これで、アクティベーションロックは解除された状態となっています。
「iPhoneを探す」がオフの場合は、元々アクティベーションロックもオフだったと考えて良いでしょう。

アクティベーションロックをオンにするには?

アクティベーションロックを再度オンにするにはどうしたらいいのか気になる方もいらっしゃるでしょう。
結論から申しますと、「iPhoneを探す」をオンにするだけです。

オンにする方法は次のようになります。

①「設定」を開きます。
②「ユーザー名」をタップします。
③「探す」をタップします。
④「iPhoneを探す」をタップします。
⑤「iPhoneを探す」をオンにすれば完了です。

これで、アクティベーションロックがかかった状態となります。

IDやパスワードが分からない時はどうしたらいい?

アクティベーションロックがかかったけど、IDやパスワードが分からないという方もいるかもしれません。
どちらも忘れた場合は、Appleに問い合わせをするのが一番早いでしょう。

どちらか片方が分からないという場合は、以下をご参照ください。

Apple IDを忘れた場合

Apple IDを忘れた場合の対処法は、以下の通りです。

Apple IDの管理サイトにアクセスします。
②「Apple IDまたはパスワードをお忘れですか?」を選択します。
③「こちらで検索できます」を選択します。
④入力画面で、「姓・名・メールアドレス」を入力すれば完了です。

入力情報が合っている場合、Apple IDが表示されます。
ただし、Apple IDが電話番号の場合は表示されないので、ご注意ください。

また、WEBからiCloudにアクセスするという方法もあります。
サインイン状態の場合Apple IDを確認できるので、併せてご参照ください。

パスワードを忘れた場合

パスワードを忘れた場合の対処法は、以下の通りです。

Apple IDの管理サイトにアクセスします。
②「Apple IDまたはパスワードをお忘れですか?」を選択します。
③Apple IDを入力します。
④電話番号を入力します。アカウントによっては電話番号の入力は求められないかもしれません。
⑤リセットの方法を選び、手順に沿って進めばリセットの完了です。

他にサインイン状態のAppleデバイスがある、そもそもiPhoneがサインインしている状態であれば、以下の方法でもリセットできます。

①「設定」を開き「ユーザー名」をタップします。
②「パスワードとセキュリティ」をタップします。
③「パスワードの変更」をタップし、手順に沿って進めば完了です。

ご自身の状況に合った方法でお試しください。

まとめ

いかがでしたか?
iPhoneのアクティベーションロックは、他者からの悪用を防ぐのに役立ちます。

解除には、Apple IDとパスワードが必要です。
あなたの疑問の解決に当記事が役立ったのであれば嬉しく思います。

スポンサードリンク

コメント