iPhoneのバッテリー交換の目安は?交換の手順や費用を徹底解説します!

iphone バッテリー交換 iPhone

「iPhoneのバッテリー交換に目安はある?」
「どうやって交換したらいいの?」
「費用はどれくらい?」
こういった疑問をお持ちではありませんか?

最近iPhoneの充電の減りが早い。
そのため、iPhoneのバッテリーに違和感を持っているという方もいるかもしれません。

しかし、バッテリー交換の目安が分からないという方もいらっしゃるでしょう。

そこで当記事では、iPhoneのバッテリー交換の目安や実際の手順を解説しています。
また、費用や事前の準備についても解説しているので、よければご覧ください。

iPhoneのバッテリー交換の目安とは?

iPhoneのバッテリー交換時期の目安の1つに、バッテリー容量が80%に近づいたらというものがあります。
iPhoneのバッテリー容量を確認する方法は、以下の通りです。

①「設定」を開き、「バッテリー」をタップします。
②「バッテリーの状態」をタップします。
③「最大容量」の数値を確認すれば完了です。

最大容量が80%の場合は、かなり劣化している状態となります。
そのため、バッテリー容量が80%やそれ以下の場合は、すぐにでも交換した方が良いでしょう。

ただ、80%以上ある場合でも、バッテリーが劣化していると感じたら交換してもよいかもしれません。
80%はあくまで目安の1つです。

実際のバッテリー交換の手順

iPhoneのバッテリー交換は、店頭への持ち込みと配送での修理の2種類です。
結論から申しますと、以下のような手順になります。

事前の準備→店頭への予約or配送の手続き→持ち込みor配送

では、それぞれ解説していきます。

持ち込みの場合

持ち込みの場合は、AppleストアやApple正規のお店などに行きます。
Appleストアの場合は、事前に予約しておくと良いでしょう。
そして、訪れた際に修理の旨を伝えれば、その場で修理を行ってくれます。

バッテリー交換であれば、基本的にその日に修理が終わるでしょう。
しかし、数日かかると判断された場合は、そのように伝えられます。

配送の場合

配送の場合は、Appleのサポートページから自分で配送の手配をします。
方法は、以下の通りです。

Appleのサイトに行きます。
②バッテリー交換をしたいデバイスを選択します。
③「バッテリーの修理が必要」を選択し、「続ける」を押します。
④住所の確認や集荷の時間帯を確認した上で、「続ける」を押します。
⑤「「iPhoneを探す」をオフにしました」にチェックを入れます。
⑥Appleの規約に同意した後、「送信」を押せば完了です。

配送の手続きが完了したら、指定した時間に業者がiPhoneを回収しに来ます。
そして、iPhoneを手渡せば、後は修理を待つだけです。
配送修理の場合は、帰ってくるまでに5日~7日程度の時間がかかるでしょう。

非正規での修理はやめておくべき?

非正規の業者で修理することはやめておいた方がいいか、気になる方もいらっしゃるでしょう。
結論から申しますと、やめておいた方が良いです。
理由は、①質の悪い場合がある・②今後Appleの保証を受けられない可能性があるという2つです。

まず、非正規の場合は、修理の質が悪い、部品の質が悪いという場合があります。
そのため、安価だからと言って、安易に飛び込むことは危険です。

そして、一度非正規の修理を受けてしまうと、今後Appleの保証対象外となってしまう可能性があります。
それも考慮して、非正規の業者で修理することはおすすめできません。

バッテリー交換にかかる費用

バッテリー交換にかかる費用がいくらくらいなのか、気になる方もいらっしゃるでしょう。
結論から申しますと、以下の表のようになります。

Apple製品限定保証がある
AppleCare+に加入している場合
保証がない場合
iPhone Xシリーズ
iPhone11シリーズ
iPhone12シリーズ
0円7,400円
iPhone SE(第二世代)
iPhone8以前のシリーズ
0円5,400円

Apple製品限定保証がある場合、AppleCare+に入っている場合は無料で交換可能です。
しかし、保証がない場合は、デバイスによって支払う額が変わってきます。

製品の保証があるか分からない場合、配送修理の手続きをしてみるとよいかもしれません。
手続きの中に、見積もりの項目があります。
もし保証がある場合は、無料で見積もりされるでしょう。

また、以下のサイトでシリアル番号を入力すれば、デバイスに保証がついているか確認することができます。
ぜひ、ご参照ください。
https://checkcoverage.apple.com/jp/ja

バッテリー交換の前にしておくこと(持ち込み)

バッテリー交換の前には、しておくべきことがあります。
持ち込みで修理する場合の準備は、以下の通りです。

・バックアップを取る
・Apple IDを確認する

バックアップ

バッテリー交換の際は、必ず事前にバックアップを取りましょう。
基本的に、バッテリー交換でiPhoneが初期化されるということは少ないです。
しかし、状況によっては初期化が必要になる場合もあります。

そして、めったにないでしょうが、修理が失敗してデータが飛ぶということももしかしたらあるかもしれません。
そのため、事前にバックアップを取っておきましょう。

iPhoneのバックアップには、iCloudで取る方法とPCで取る方法の2種類があります。

iCloud

iCloudでバックアップを取る方法は、以下の通りです。

①「設定」を開き、「ユーザー名」をタップします。
②「iCloud」をタップします。
③「iCloudバックアップ」をタップします。
④「iCloudバックアップ」をオンにして、「今すぐバックアップを作成」をタップすれば完了です。

iCloudには、容量制限があります。
もし、容量を増やしたい場合は、「ストレージを管理」から「ストレージプランを変更」をタップしましょう。
そこでプランを変更することができます。

PC

PCでバックアップを取る場合は、iTunesを使います。
PCでバックアップを取る方法は、以下の通りです。

①PCでiTunesを開きます。
②iPhoneをPCにつなぎます。
③iTunesで、画面上部にあるデバイスマークをクリックします。
④バックアップのタブにある、「このコンピュータ」にチェックを入れます。
⑤暗号化したい場合は、「iPhoneのバックアップを暗号化」にチェックを入れます。
⑥「今すぐバックアップ」をクリックすれば完了です。

後は、バックアップが完了するのを待ちましょう。

Apple IDの確認

持ち込みの際、その場で「iPhoneを探す」をオフにすることがあります。
「iPhoneを探す」をオフにするには、Apple IDの入力が必要です。
そのため、事前にApple IDとそのパスワードを確認しておきましょう。

バッテリー交換の前にしておくこと(配送)

配送でバッテリー交換をする場合は、持ち込みよりも事前の準備が多くなります。
しかし、どれもAppleがホームページで言及していることなので、しっかりと行いましょう。
配送の事前準備は、以下の通りです。

・バックアップ
・Apple Watchの解除
・iMessageのオフ
・「iPhoneを探す」のオフ
・初期化
・アクセサリー類を外す

バックアップ

配送修理の場合も、持ち込みと同じく事前にバックアップを取ります。
他の準備は忘れても、バックアップだけは必ず行いましょう。
方法は上の解説をご参照ください。

Apple Watchの解除

続いて、Apple Watchとペアリングしている方は、それを解除します。
Apple Watchの解除方法は、以下の通りです。

①「Watchアプリ」を開きます。
②「マイウォッチ」から解除したいApple Watchを選択します。
③「i」マークを選択します。
④「Apple Watchとのペアリングを解除」を選択します。
⑤「ペアリングを解除」の確認が出てくるので、もう一度タップします。
⑥Apple IDのパスワードを入力すれば完了です。

後は、ペアリングが解除されるのを待ちましょう。

iMessageのオフ

続いて、iMessageをオフにします。
方法は以下の通りです。

①「設定」を開きます。
②「メッセージ」をタップします。
③「iMessage」をオフにすれば完了です。

「iPhoneを探す」のオフ

アクティベーションロックを無効にするために、「iPhoneを探す」をオフにします。
「iPhoneを探す」をオフにする方法は、以下の通りです。

①「設定」を開きます。
②「ユーザー名」をタップします。
③「探す」をタップします。
④「iPhoneを探す」をタップし、オフにすれば完了です。

アクティベーションロックの解除には、Apple IDやパスワードが必要です。
もし、業者に渡った段階でアクティベーションロックがかかってしまった場合、解除することができません。
そのため、事前に無効にしておきましょう。

初期化

続いて、初期化をします。
初期化は、必ずバックアップを取った後に行いましょう。
バックアップさえあれば、元のデータに戻すことが可能です。
もし、バックアップが無い状態で初期化すると、データがすべて消えるのでご注意ください。

初期化の方法は、以下の通りです。

①「設定」を開きます。
②「一般」を開き、「リセット」をタップします。
③「すべてのコンテンツと設定を消去」をタップします。
④パスコードを入力し、「iPhoneを消去する」をタップすれば完了です。

繰り返しになりますが、必ずバックアップを取ってから行いましょう。
そして、Apple IDとパスワードの確認のお忘れないようご注意ください。

アクセサリー類を外す

配送の前には、iPhoneのアクセサリー類を外しておきましょう。
カバーなどついている場合、戻ってこない場合があります。
そのため、iPhoneに何も付いていない状態で配送するのがおすすめです。

まとめ

いかがでしたか?
iPhoneのバッテリー交換は、容量80%が交換の目安になります。
交換は、店舗への持ち込み、もしくは配送の2種類です。
ご自分に合った方で、ぜひバッテリーを交換してみてください。

スポンサードリンク

機種変更はオンラインがお得!

スマホの機種変更は、
キャリアのオンラインショップがお得です。
オンライン限定で、
最大2万円以上得するキャンペーンも実施中!

・ドコモオンラインショップ

・ソフトバンクオンラインショップ

・auオンラインショップ

・楽天モバイル

コメント