iPhoneで通話を録音できる?録音する方法4つ&おすすめアプリを解説

iPhone
この記事のまとめ
「iPhoneでの通話を録音する方法はあるの?」とお困りの方もいらっしゃるでしょう。
iPhoneの標準機能には、実は録音機能が備わっていません。
では、どのようにすれば、簡単かつ確実にできるのでしょうか?
おすすめの方法とは?

当記事では、iPhoneでの録音方法を徹底解説!
おすすめのアプリや注意点、便利なICレコーダーについても詳しく紹介しています。
録音して、電話の内容を聞き返したいという方は、ぜひチェックしてみてください。

iPhoneで通話を録音することはできる?

結論から申しますと、iPhoneの標準機能で通話を録音することはできません。
なぜなら、iPhoneは世界中で使われるため、通話を録音することを禁じている地域にも対応する必要があるからです。

例えば、アメリカの一部の州では、相手の同意なしに通話を録音することを禁じています。
このような背景があるために、iPhoneに通話録音機能はありません。

しかし、標準機能以外で、録音する方法はいくつかあります。

iPhoneで通話を録音する方法

iPhoneで通話を録音するには、以下の4つの方法があります。

  1. 画面録画を使う
  2. ボイスメモを使う
  3. 外部の機器(ICレコーダー)を使う
  4. アプリを使う

しかし、後で通話を確認するには不完全な方法もありますので、注意点も併せて詳しく解説していきます。
ご自身に合った方法を試してみてください。

1. 画面録画を使う

まずは、画面録画を使う方法です。
iOS11以降のiPhoneでは、iPhoneの画面を録画することができます。
これを利用して録音するのですが、1つ注意点があります。

それは、LINE通話にしか利用できないという点です。
そのため、通常の電話による通話は録音することができません。

この方法は「LINEでの通話を録音したい」という場合にご利用ください。

画面録画を使った録音方法は以下の通りです。

①「設定」を開きます。
②「コントロールセンター」をタップします。
③「コントロールをカスタマイズ」をタップします。
④「画面収録」の左にある+マークをタップします。
⑤通話前に、コントロールセンターから録画を開始すれば完了です。

①~④の手順で、コントロールセンターに画面収録のボタンが追加されるので、それを通話時にコントロールセンターから利用するという流れです。
通話時にはイヤホンを付けるようにしましょう。

2. ボイスメモを使う

2つ目は、ボイスメモを使う方法です。
ボイスメモとは、iPhoneに元から入っている録音アプリで、iPhoneのマイクから入力された音声を録音できます。

iphoneのボイスメモ機能

やり方は、通話前にボイスメモの録音を開始するだけです。
しかし、ボイスメモでの録音にも注意点があります。

1つは、自分の声しか録音できないということです。
相手の声は入らないのでご注意ください。

もう1つは、そもそも録音すらできない場合もあるということです。
録音を開始しても、通話が始まると強制的に録音が終わる、ということもあります。
これは、Appleが通話の録音を禁止しているということが関係しているでしょう。

そのため、まずはテスト通話をして録音ができるか確認することをおすすめします。

ボイスメモで録音する場合は、以上2つのことに注意してお使いください。

3. 外部の機器(ICレコーダー)を使う

3つ目は外部の機器、つまりICレコーダー(ボイスレコーダー)を使う方法です。

方法は至って簡単で、通話をスピーカーにしてICレコーダーで録音するだけです。

ICレコーダーを用意する手間などがありますが、これが1番確実な方法と言えるでしょう。
アプリなどがややこしくて面倒な場合は、ICレコーダーの利用をおすすめします。

また、電話録音専用のマイクを使うことで、スピーカーにしなくても録音することが可能です。

なお、上記のICレコーダーを使う方法は、イヤホンマイクを使う通話には利用できません。
スピーカー、または本体の受話器を利用しましょう。

おすすめICレコーダー・マイク

Amazonで購入できるおすすめICレコーダーと通話録音に便利なマイクをご紹介します。

ココでおすすめするICレコーダーはどちらも3500円ほどの商品です。
通話録音アプリだと年間5,000円かかることを考えるとコスパが高く操作も簡単なので、通話の録音をしたい方におすすめできます。

パナソニック ICレコーダー
パナソニック ICレコーダー

パナソニック ICレコーダー ホワイト RR-QR220-W

Panasonic

Amazonで詳細を見る

YAMAZEN ICレコーダー キュリオム
YAMAZEN ICレコーダー

YAMAZEN ICレコーダー キュリオム YVR-120

山善(YAMAZEN)

Amazonで詳細を見る

オーディオファン ステレオマイク

オーディオファンのステレオマイクは、ICレコーダーに装着することでより広く鮮明に音を拾うことができます。
ICレコーダーのマイクでも音を拾うことができますが、もっと鮮明に音を録音したいという場合に利用しましょう。

オーディオファン

オーディオファン ステレオマイク 小型 3極 3.5mm ステレオミニ端子

オーディオファン

Amazonで詳細を見る

ソニー コンデンサーマイク

ソニーのコンデンサーマイクは電話録音専用のイヤホン型マイクで、こちらもICレコーダーのマイク用ジャックに装着して使います。
iPhoneのマイクをスピーカーにしなくても録音できるので、屋外などスピーカーで通話できない場合に活躍します。

ソニー コンデンサーマイク

ソニー コンデンサーマイク モノラル/電話録音用 ECM-TL3

SONY

Amazonで詳細を見る

アプリを使う

4つ目の方法は、アプリを使うという方法です。

iPhoneアプリの中には通話録音できるものがあります。
そういったアプリを利用することで、録音することが可能です。

アプリを利用する際の注意点としては、基本的に無料のものは無いということになります。
インストール自体は無料でも、App内で課金が必要になるものがほとんどです。
知らないうちに課金されたということもあるようなので、ご注意ください。

また、そういった通話録音アプリのレビューを見ると、日本語が不自然な高評価が目立つものもあります。
アプリをインストールする際は、しっかりと見極めてからインストールするようにしましょう。

通話録音のためのアプリ

iPhoneで通話を録音できるアプリはいくつかありますが、その中でもおすすめは「通話録音-保存して聞く」です。

通話録音-保存して聞く
「通話録音-保存して聞く」のダウンロードページ

ここからは、アプリについて詳しく解説していきます。

通話録音-保存して聞く

録音 文字起こし
このアプリの特徴は、録音をテキストに起こすことができることです。
変換機能を使えば、自動で音声をテキストに変換してくれます。
録音に加えて文字起こしもしたいという場合には、とても便利です。

注意点としては、有料アプリだということです。
最初は3日間の無料体験があります。
しかし無料体験期間が終わると、年間5500円の料金が必要です。

単発の利用なら無料期間のみで済みますが、継続して利用するにはお金がかかるということを覚えておきましょう。

録音時に注意すべきこと

録音時の注意点
iPhoneで通話を録音するときに注意すべき点は、「相手の許可を取る」ということです。

やむを得ない状況もあるかもしれませんが、基本的には相手に同意を得るようにしましょう。
同意を得ないことで、後で面倒な問題に発展するかもしれません。
プライバシーの面から見ても、許可を得る方が無難です。
この点に注意しながら、通話録音をお試しください。

iPhoneの通話録音に関するよくある質問

ここからは、iPhoneの通話録音に関するよくある質問と回答をまとめています。

iPhoneの「画面収録」で通話録音できる?

通常の電話での通話は、画面収録機能で録音することはできません。
Appleの規約で通話の録音を禁止していることから、標準機能では難しいのです。
しかし、LINEの場合は、イヤホンを装着しLINEの設定で「iPhoneの基本通話と統合」をオフにすれば、録音することが可能です。

通話を録音していることは相手にバレる?

基本的に、相手に伝えていなければ通話の録音はバレることはありません。
しかし、録音開始時に音がするタイプのアプリや機器を使っていると、相手に不審がられる事はあり得ます。
ほとんどの場合は、相手にはわからないと言えるでしょう。

許可なく通話録音すると違法なの?

通話を録音する際に、録音している旨を相手に伝えていない場合も多いと思います。
日本では、電話の通話を録音する場合、相手の許可が無くても違法にはなりません。
しかし、その音声をSNSなど不特定多数に公開してしまうと、プライバシーの侵害や名誉棄損などにあたる可能性もあるので注意しましょう。

キャリアの通話録音サービスは利用できる?

携帯キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク・楽天)では、通話録音サービスが提供されています。
録音された音声は、それぞれのサーバー上に保存され、後で聞くことも可能です。
通話が始まる前に録音される旨のガイダンスが流れるので、録音することが相手にはわかることを覚えておきましょう。

iPhoneで通話を録音する方法まとめ

iPhoneの機能では、通話を録音することはできません。

しかし、工夫をすれば通話の録音自体はできます。
ご紹介した4つの方法の中でも、確実に録音したいという場合は、ICレコーダーを使う方法がおすすめです。

ICレコーダーで通話録音する方法とおすすめ商品を見る

どの方法にしても、実際に録音する前に、事前にテストしておくことで失敗を防げます。

当記事の内容が「iPhoneでの通話を録音したい」とお考えの方のお役に立てれば幸いです。

参考文献

  1. iPhoneのボイスメモで録音を再生する – Apple サポート.Apple Inc..https://support.apple.com/ja-jp/guide/iphone/iphebbd067ce/14.0/ios/14.0
  2. ICレコーダー RR-QR220_取り扱い説明書.パナソニック株式会社.https://panasonic.jp/p-db/contents/manualdl/1428256427062.pdf
スポンサードリンク

コメント