iPhoneでの通話を録音できる?録音の方法やおすすめレコーダーアプリを解説!

iphone 通話 録音 iPhone

「iPhoneで通話って録音できるの?」
「iPhoneで通話を録音する方法を知りたい!」
こういった疑問をお持ちではありませんか?

仕事や生活の関係で、電話の内容を後から聞き返すために通話を録音したいとお思いの方もいるかと思います。

しかし、iPhoneで通話が録音できるか分からないという方も多いでしょう。

そこで当記事では、iPhoneで通話録音ができるのかを解説しています。
通話録音の方法もご紹介しているので、よければ最後までご覧ください。

iPhoneで通話を録音することはできるのか

結論から申しますと、iPhoneで通話を録音することはできません。
なぜなら、iPhoneは世界中で使われるため、通話を録音することを禁じている地域にも対応する必要があるからです。

例えば、アメリカの一部の州では、相手の同意なしに通話を録音することを禁じています。
このような背景があるために、iPhoneに通話録音機能はありません。

従って、iPhoneで通話を録音するためには工夫が必要です。

iPhoneで通話を録音する方法

「じゃあiPhoneで通話を録音するにはどうしたらいいの?」と疑問の方もいるでしょう。
iPhoneで通話を録音するには、以下の方法があります。

・画面録画を使う
・外部の機器を使う
・ボイスメモを使う
・アプリを使う

しかし、不完全なものもあります。
ご自分に合った方法をお試しください。

画面録画を使う

まずは、画面録画を使う方法です。
iOS11以降のiPhoneでは、iPhoneの画面を録画することができます。
これを利用して録音するのですが、1つ注意点があります。

それは、この方法はLINE通話にしか利用できないという点です。
そのため、iPhoneの基本通話には利用することができません。

では、画面録画を使った録音方法は以下の通りです。

①「設定」を開きます。
②「コントロールセンター」をタップします。
③「コントロールをカスタマイズ」をタップします。
④「画面収録」の左にある+マークをタップします。
⑤通話前に、コントロールセンターから録画を開始すれば完了です。

設定からの手順で、コントロールセンターに画面収録のボタンが追加されます。
通話時にはイヤホンをつけましょう。

外部の機器を使う

2つ目は、外部の機器を使う方法になります。
外部の機器とは、ボイスレコーダーのことです。

方法は至って簡単で、通話をスピーカーにしてボイスレコーダーで録音するだけです。

用意する手間などがありますが、これが1番確実な方法と言えるでしょう。
アプリなどがややこしくて面倒な場合は、ボイスレコーダーの利用をおすすめします。

ボイスメモを使う

3つ目は、ボイスメモを使う方法です。
ボイスメモとは、iPhoneに元から入っている録音アプリになります。

方法は至ってシンプルで、「通話前に録音を開始する」だけです。
しかしボイスメモでの録音にも注意点があります。

1つは、自分の声しか録音できないということです。
相手の声は入らないのでご注意ください。

もう1つは、そもそも録音すらできない場合もあるということです。
録音を開始しても、通話が始まると強制的に録音が終わる、ということもあります。
これは、Appleが通話の録音を禁止しているということが関係しているでしょう。

ボイスメモで録音する場合は、以上2つのことに注意してお使いください。

アプリを使う

4つ目の方法は、アプリを使うというものです。
iPhoneには、いくつかの通話録音アプリがあります。
それらを利用して録音するという方法です。

アプリを利用する際の注意点としては、「基本的に無料のものは無い」ということになります。
インストール自体は無料でも、要課金のものほとんどです。
知らないうちに課金されたということもあるようなので、ご注意ください。

特にレビューを見ると、日本語が不自然な評価ばかりのアプリもあります。
アプリをインストールする際は、しっかりと見極めてからインストールするようにしましょう。

通話録音のためのアプリ

「おすすめのアプリを知りたい!」という方もいるでしょう。
結論から申しますと、以下のものがおすすめの通話録音アプリとなります。

「通話録音-保存して聞く」のダウンロードページ

それでは見ていきましょう。

通話録音-保存して聞く

このアプリの特徴は、録音をテキストに起こしてくれるところです。
変換機能を使えば、何もしなくても自動で音声をテキストに変換してくれます。
文字起こしもしたいという場合には、とても便利と言えるでしょう。

注意点としては、要課金アプリだということです。
最初は3日間の無料体験があります。
しかし、その3日間が終わると、年間5500円の料金が必要です。

まずは無料で試して、それから利用を続けるか決めることをおすすめします。

録音時に注意すべきこと

iPhoneで通話を録音するときに注意すべき点は、「相手の許可を取る」ということです。

やむを得ない状況もあるかもしれませんが、基本的には相手に同意を得るようにしましょう。
同意を得ないことで、後で面倒な問題に発展するかもしれません。
プライバシーの面から見ても、許可を得る方が無難です。
この点に注意しながら、通話録音をお試しください。

まとめ

いかがでしたか?
iPhoneは元々通話を録音することはできません。

しかし工夫することで通話録音も可能になります。
あなたの疑問の解決に、当記事が役立ったのであれば幸いです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサードリンク
iPhone
wakaruni_contributorをフォローする
スポンサードリンク
3分で分かるに変わる!パソコンインストラクターが教える情報サイト | ワカルニ

コメント