iPhoneのワイヤレス充電とは-メリットや有線との比較・おすすめ充電器もご紹介!

iphone ワイヤレス充電 iPhone

「iPhoneのワイヤレス充電ってどういうもの?」
「おすすめのワイヤレス充電器を知りたい!」
「ケーブル充電とどっちがいい?」
こういった疑問をお持ちではありませんか?

最新のiPhoneやスマホでは当たり前になってきたワイヤレス充電。
使ってみたいという方もいるかと思います。

しかし、どういうものか分からないという方も多いでしょう。

そこで当記事では、ワイヤレス充電がどういうものか、メリット・デメリットを解説しています。
また、おすすめのワイヤレス充電器もご紹介しているので、よければご参考にして下さい。

iPhoneのワイヤレス充電とは?どう使う?

ワイヤレス充電とは、ケーブルを挿さずに使うことのできる充電器です。

使い方は至ってシンプルで、iPhoneを充電器に置くだけとなります。
ワイヤレス充電器をコンセントに挿しおいて、充電したい時に載せるだけですぐに充電が可能です。

では、どのiPhoneに対応しているのかが気になるところですよね。
ワイヤレス充電に対応しているiPhoneは、次のようになります。

iPhone8、8plus、X、XR、XS、XS Max、SE(第2世代)、iPhone11、11Pro、11Pro Max、12、12 mini、12Pro、12Pro Max

iPhone8以降の機種は、ワイヤレス充電に対応しています。
しかし、それ以前のiPhone7などは対応していないのでご注意ください。

ワイヤレス充電のメリット・デメリット

ワイヤレス充電の良い部分と悪い部分を知りたいという方もいらっしゃるでしょう。
ワイヤレス充電のメリットとデメリットをまとめると、以下のようになります。

・メリット
置くだけでできる手軽さ、ケーブルの故障の心配がない

・デメリット
認識しない場合がある、充電しながら使いづらい

メリット

まず、メリットとしてあげられるのは、置くだけで充電ができるということです。
わざわざケーブルを挿さなくても、置くだけで充電ができるという手軽さは、やはりワイヤレス充電の最大の魅力と言えるでしょう。

また、ケーブルをiPhoneに挿さないので、ケーブルの故障の心配もありません。
有線の充電器は長く使っていると、ケーブルの結合部分が緩くなってきたりします。
それが原因で買い替えたことがあるという方もいらっしゃるでしょう。
しかし、ワイヤレスであれば、その心配がないというのもメリットの1つです。

デメリット

ワイヤレス充電のデメリットとしてまずあるのは、認識しない場合があるということです。
置いても位置がずれていて充電できない場合や、ケース・リングが邪魔をして認識できない場合があります。

もちろん、ワイヤレス充電器の中にはケースを付けたままできるものもあります。
しかし、できない場合いちいち外さないといけないのは手間となるでしょう。

また、ワイヤレス充電の場合、iPhoneを固定します。
そのため、充電しながらiPhoneを使うことは、快適にはできないでしょう。

ケーブルであれば、挿したまま利用できます。
しかし、ワイヤレスの場合は、充電器に置いたままいじらないといけません。

これらの2つが、ワイヤレス充電のデメリットです。

ケーブル充電とどっちがいい?

ケーブル充電とどっちがいいのか気になる方もいるかと思います。
結論から申しますと、手軽さを求める方はワイヤレス充電。
充電のスピードや充電中の使い勝手を求める方は、ケーブル充電がおすすめです。

上でも述べたように、ワイヤレス充電はやはり手軽さが魅力となります。
そのため、一々挿す手間が面倒だという方はワイヤレス充電がおすすめになるでしょう。

しかし、充電のスピードはケーブル充電の方が早いです。
そのため、充電のスピードを求める方や、充電中にもiPhoneを使いたいという方はケーブル充電がおすすめとなります。

おすすめのワイヤレス充電器3選

ではここからは、実際のおすすめのワイヤレス充電器をご紹介します。
今回ご紹介するものは、以下の3つです。

・MagSafe充電器
・Anker PowerWave 10 Stand
・NANAMI ワイヤレス充電器

では、それぞれ見ていきましょう。

MagSafe充電器

1つ目はMagSafe充電器です。
これは、Appleの純正のワイヤレス充電器となります。
特徴は、iPhone12シリーズとの互換性です。

iPhone12シリーズであれば、磁気によってピタッと真ん中にくっつきます。
そのため、置く際に位置を気にする必要がありません。
この特徴はiPhone12シリーズだけのものですが、製品自体はiPhone8以降の機種で利用することができます。

Amazonの他の製品は怖い、Apple純正のものが欲しいという方におすすめです。
価格は4,500円となります。

Anker PowerWave 10 Stand

2つ目はAnker PowerWave 10 Standです。
Ankerは、ワイヤレス充電器の中でも人気のメーカーとなります。
この充電器の魅力は、立てかけて充電できる点です。

Pad型のワイヤレス充電器だと、iPhoneを寝ころばせるように置かなければなりません。
しかし、Stand型の場合、スマホスタンドのように立てかけることができます。
そのため、充電しながら快適に動画を見ることも可能です。

充電しているときも使いたいという方は、このAnkerのStand型のワイヤレス充電器がおすすめとなります

NANAMI ワイヤレス充電器

3つ目はNANAMIのワイヤレス充電器です。
NANAMIもAnkerと同じく、人気のワイヤレス充電器となります。

NANAMIのワイヤレス充電器の魅力は価格です。
なんと、NANAMIのPad型充電器は、1000円台で購入できます。
Apple純正のMagSafe充電器が4500円であることからも、以下に安いかということが分かるでしょう。

ワイヤレス充電器を試してみたいけどいきなり高いものは不安という方は、ぜひ一度お試しください。

まとめ

いかがでしたか?
iPhoneのワイヤレス充電のメリットは、やはりその手軽さです。
ただ充電スピードは、ケーブルの方が早いと言われています。

当記事が、あなたの疑問の解決に役立ったのであれば幸いです。

スポンサードリンク
iPhone
wakaruni_contributorをフォローする
スポンサードリンク
3分で分かるに変わる!パソコンインストラクターが教える情報サイト | ワカルニ

コメント