iPhoneのナイトモードとは?使い方やオンオフ切り替え・撮影秒数の変更まで解説!

iphone ナイトモード iPhone

「iPhoneのナイトモードって何?」
「ナイトモードってどうやって使うの?」
「オフにする方法を知りたい!」
こういった疑問をお持ちではありませんか?

iPhone11や12に搭載されているナイトモード。
使ってみたいという方も多いでしょう。

しかし、どういうものかあまり知らないという方もいるかもしれません。

そこで当記事では、ナイトモードとは何か、そしてその使い方をご紹介しています。
オフにする方法も解説しているので、よければご覧ください。

iPhoneのナイトモードとは

iPhoneのナイトモードとは、暗い場所でもキレイに写真を撮るための機能です。

例えば、夜景の写真を撮るとします。
ナイトモードを使わない、そもそも無いスマホで撮ると、とても暗く不鮮明です。
フラッシュをつけて少し明るくなるくらいでしょう。

しかし、ナイトモードで写真を撮ると、肉眼で見ているかのように鮮明に写真を撮ることができます。
このように、暗闇でもキレイに写真を撮るための機能、それがナイトモードです。

ナイトモードの使い方

では、ナイトモードはどうやって使うのかが気になる方もいらっしゃるでしょう。
結論から申しますと、暗い場所で撮ろうとすると、自動でナイトモードに切り替わります。
縦画面にしたとき、左上の黄色い枠の中に秒数が表示されていたらナイトモードです。

ただ、暗い場所でも切り替わらない場合があります。
そういったときは、手動でナイトモードにしましょう。

方法は、以下の通りです。

①画面左上のナイトモードのマークをタップします。ナイトモードのマークは、フラッシュの横にあります。
②黄色い枠に秒数が表示されていたら完了です。

ナイトモードの撮影秒数を変更する方法

ナイトモードでは、シャッターを押してから撮るまでに数秒の時間があります。
その時間が、左上に表示されている数字です。
そして、その秒数は変更することができます。

①縦画面の左上にある、ナイトモードのマーク(秒数)をタップします。そうすると画面下部に、スライドが表示されます。
②そのスライドを動かすことで秒数を変更することが可能です。

基本的に、撮るものの暗さによって秒数の最大値は変わります。
撮るものが暗ければ暗いほど、その秒数も長くできるでしょう。

ナイトモードをオフにする方法

自動でナイトモードになるのをどうにかしたい、オフにしたいという方もいらっしゃる
でしょう。
ナイトモードのオフ方法は、以下の通りです。

①縦画面の左上にある、ナイトモードのマーク(秒数)をタップします。
②スライドバーを左端の「オフ」まで動かせば完了です。

これで、ナイトモードはオフになります。
しかし、カメラアプリを一度終了すると、オフの設定も消えるのでご注意ください。

再度オフにする場合は、また同じ手順を踏む必要があります。

ナイトモードを利用する際の注意点

ナイトモードを利用する際には、いくつかの注意点があります。
それが、以下の2つです。

①手ぶれに気を付ける
②対応機種に気を付ける

では、それぞれ見ていきましょう。

手ぶれ

まず、気を付けたいのは手ぶれです。
上でもご紹介しましたが、ナイトモードはシャッターを押してから写真を撮るまでに秒数があります。

基本的には2、3秒~5秒くらいですが、とても暗い場所であれば10秒くらいいくこともあります。
そうなってくると、手がぶれてくることも多いです。
手ぶれ補正はありますが、できるだけブレがない方が良い写真になるでしょう。

また、三脚などを使って固定するというのも、対策の1つでおすすめです。

対応機種

ナイトモードは全てのiPhoneに搭載されているわけではありません。
2020年11月現在は、iPhone12シリーズとiPhone11シリーズが対応機種となっています。
その他のシリーズではナイトモードは対応していないので、ご注意ください。

また、iPhone12シリーズはインカメ含むすべてのカメラでナイトモードが可能です。
しかし、iPhone11でナイトモードに対応しているものは、広角レンズのみとなります。
そのため、iPhone11のインカメや超広角カメラではナイトモードが使えないという点も、ご注意ください。

まとめ

いかがでしたか?
iPhoneのナイトモードは暗闇でもキレイに写真を撮るための機能です。
基本的に、暗い場所では自動でナイトモードがつきます。
秒数の変更やオフにしたい場合は、スライドを動かして操作しましょう。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント