【徹底解説】iPhoneの位置情報の使い方!行動履歴を確認・削除するには?

iPhone 位置情報 iPhone

「iPhoneの位置情報ってどうやって使うの?」
「位置情報の行動履歴ってどうやって確認するの?」
こういった疑問をお持ちではないでしょうか。

iPhoneの位置情報は様々なアプリで使えるなど、とても便利です。
アプリのために使いたい人や、反対に利用したくない方もいるかと思います。

しかし、オン・オフにする方法が分からないという方もいるでしょう。

そこで当記事では、iPhoneの位置情報の基本的な使い方から行動履歴を確認・削除する方法まで解説しています。
あなたの疑問の解決に当記事が役立てば幸いです。

iPhoneの位置情報の使い方

iPhoneの位置情報の使い方はとても簡単です。
アプリ毎に位置情報の利用の許可することも可能なので、その方法もご紹介したいと思います。

位置情報をオン・オフにする

iPhoneの位置情報の使い方は以下の通りです。

➀「設定」を開きます。
➁「プライバシー」をタップします。
➂「位置情報サービス」をタップします。
➃オン・オフの状態にスイッチを切り替えます。

これで位置情報のオンオフが切り替えることが可能です。
また、「位置情報サービス」の横にオンかオフか表示されています。
確認の目安にしてください。

位置情報をアプリ別にオン・オフにする

次は、アプリ別に位置情報の利用を許可・不許可する方法をご紹介します。

➀「設定」を開きます。
➁「プライバシー」をタップします。
➂「位置情報サービス」をタップします。
➃そのページにアプリが一覧であるので、設定を変更したいアプリを選びます。
➄許可する、許可しない、変更したい方をタップすれば完了です。

これは、このアプリではあまり位置情報を使われたくないといったときに便利な機能
です。
また、アプリによっては位置情報を必要とするものもあるので、そういう時にもここから変更できます。

位置情報の行動履歴を確認する方法

位置情報には行動履歴というものがあります。

これは、よく訪れる場所などを覚えるためにiPhoneが位置情報の履歴を付けるものです。
つまり、あなたがよく訪れる場所がデバイス内に記録されるということになります。

行動履歴を確認する方法は以下の通りです。

➀「設定」を開きます。
➁「プライバシー」→「位置情報サービス」と順に開きます。
➂「システムサービス」→「利用頻度の高い位置情報」と順に開きます。

開いたページで行動履歴を確認することが可能です。

利用頻度の高い位置情報を登録することを許可していたら、そのページに履歴がずらりと並びます。
許可をオフにすれば、履歴を取られることはありません。

位置情報の行動履歴を削除する方法

行動履歴などのプライバシーなものを残しておきたくないという方もいるかと思います。
すでに記録された行動履歴は次の方法で消去することが可能です。

➀「設定」を開きます。
➁「プライバシー」→「位置情報サービス」と順に開きます。
➂「システムサービス」→「利用頻度の高い位置情報」と順に開きます。
➃「履歴を消去…」→「履歴を消去」と順にタップすれば、履歴の削除の完了です。

これから行動履歴を残しておきたくないという方は、履歴の登録の許可をオフにしておきましょう。

位置情報を利用するメリット・デメリット

ここまでiPhoneでの位置情報の使い方を解説してきました。
では、そもそも位置情報を使うことにどんなメリットがあるのでしょうか。
またデメリットはないのでしょうか。

ここでは、位置情報の利用するメリットとデメリットについてお話します。

メリット

iPhoneの位置情報を利用するメリットには次の3点が挙げられます。

➀アプリでの利用
➁他人の位置がわかる(防犯)
➂検索でお店を表示

アプリでの利用

位置情報は様々なアプリを利用する際に必要になります。
多くの人が地図アプリの使用した経験があるかと思いますが、それを利用するためにも位置情報が必要です。

また最近では、ポケモンGOやドラクエウォークなどの位置情報を利用したゲームアプリもあります。
位置情報を使ってこれらのアプリを楽しむことができるということも、メリットの1つと言えるでしょう。

他人の現在位置がわかる(防犯)

位置情報には共有設定というものがあり、家族間など他の人と現在位置を共有することが可能です。
この機能を使えば、まだ大きくないお子さんがいらっしゃる家庭でも防犯代わりに利用することができます。

検索でお店を表示

位置情報をオンにしていれば、検索するだけで近くのお店を表示してくれることもメリットの1つです。

例えば、「焼肉 おすすめ」と検索すれば、近くにあるおすすめの焼き肉屋さんが表示されます。
知らない土地で使うととても便利です。

デメリット

iPhoneの位置情報を利用するデメリットは以下の2つが挙げられます。

➀SNSなどでの位置情報の漏洩
➁共有設定でのトラブル

SNSなどでの位置情報の漏洩

位置情報をオンにしているとSNSなどで自分の位置が漏れる可能性があります。

例えばTwitterでつぶやくと、ツイート内にツイートした自分のいる場所が記載されたりします。
写真でも撮影した場所が記録されることがあるので、それらの設定はオフにしておくべきでしょう。

共有設定でのトラブル

位置情報を他人と共有できる共有設定ですが、人とのトラブルの原因にもなりかねません。
恋人同士で共有設定をしている場合、常に監視されていることになります。
つまり、自分の知られたくない位置情報まで相手に知れ渡るということです。

そしてそこからトラブルに発展するケースもあるので、共有設定の使い方には十分注意しましょう。

まとめ

いかがでしたか?
位置情報は地図アプリなどを利用するのに必要な機能です。

しかし、自分の意図しない行動履歴まで記録されている可能性があります。
気になる方は、一度ご自分のデバイスから確認されてみてはいかがでしょうか。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサードリンク
iPhoneスマホ
シェアする
wakaruni_contributorをフォローする
スポンサードリンク
3分で分かるに変わる!パソコンインストラクターが教える情報サイト | ワカルニ

コメント