iPhone12にイヤホンは付属する?イヤホンジャックの有無や無い時の対処法まで解説!

iphone12 イヤホン iPhone

「iPhone12にイヤホンが付属しないって本当?」
「iPhone12にイヤホンジャックはあるの?」
「イヤホンジャックが無かったらどうしたらいいの?」
こういった疑問をお持ちではありませんか?

普段から音楽をよく聴く、YouTubeを頻繁に見る。
そのため、新機種のイヤホン事情は大事だという方も多いでしょう。

そこで当記事では、iPhone12にイヤホンが付属するのか、イヤホンジャックがあるのかを解説しています。
あなたの疑問の解決に当記事が役立てば幸いです。

iPhone12にイヤホンは付属しないってホント?

iPhone12にイヤホンは付属しないってホント?
早速ですが、iPhone12にはイヤホンは付属しないです。
以前は、本体に加えてイヤホンや電源アダプターも付属で箱に入っていました。

しかし、iPhone12からはイヤホンも電源アダプターも付いてきません。
付属しない理由として、Appleは環境保護のためと言っています。

そのため、iPhone12に付属するものは、USB-C – Ⅼightningケーブルのみです。
これまで付属していたEarPodsを手に入れるには購入する必要があります。

Apple純正のイヤホンを買う方法

では、これまで付属していた純正のイヤホンを買うことはできるのか気になる方もいらっしゃるでしょう。
結論から申しますと、Appleストアにて購入することが可能です。

近くにAppleストアがないという方もいるかと思います。
しかし、オンラインでも購入できるのでご安心ください。

オンラインでの購入方法は、以下の通りです。

  1. Appleの公式ページにいきます。
  2. 左上のメニューバーもしくは上部のメニューから「iPhone」を選択します。
  3. 上部にメニューが表示されるので、「アクセサリ」を選択します。
  4. 「カテゴリー別に見る」の中から「ヘッドフォン&スピーカー」を選択します。
  5. 「EarPods with Lightning…」を選択します。
  6. 「バッグに追加」→「注文手続きへ」の順に選択します。

その後、案内通りに手続きを行えば完了です。
「with Lightning」の他に「with 3.5mm」もあるので、間違えないようご注意ください。

3.5mmは、通常のイヤホンジャックに挿す端子です。

iPhone12にイヤホンジャックはある?

iPhone12にイヤホンジャックはある?
iPhone12にイヤホンジャックはあるのかが気になる方もいらっしゃるでしょう。

結論から申しますと、iPhone12にイヤホンジャックはありません。
iPhone11やSE(2代目)と同じく、Ⅼightningの端子のみとなっています。

そのため、専用の機器無しで3.5mmのイヤホン端子(通常の有線イヤホン)を接続することができないのでご注意ください。

イヤホンジャックがない時の音楽の聴き方

イヤホンジャックがない時の音楽の聴き方
それでは、イヤホンジャックがないのであれば、どうやって音楽などを聴けばよいのでしょうか?
iPhone12でイヤホンを使う方法には、以下の3つがあります。

  • EarPodsを使う(有線)
  • 変換アダプターを使う(有線)
  • ワイヤレスイヤホンを使う(無線)

では、それぞれ見ていきましょう。

EarPodsを使う(有線)

1つ目の方法は、EarPodsを使うというものです。
EarPodsはiPhone用のイヤホンで、先端がⅬightningの端子となっています。
そのため、充電器を挿す要領でイヤホンをiPhone本体につなぐことが可能です。

ただし、iPhone12には付属していないので、公式で買う必要があります。
その際は「EarPods with Ⅼightning」を選択してください。
「EarPods with 3.5mm…」を選択すると、iPhone12に接続できないイヤホンを買ってしまうこととなります。

購入方法は上でご紹介しているので、ぜひご参考にしてください。

変換アダプターを使う(有線)

2つ目の方法は、変換アダプターを使うというものになります。
これは、イヤホンジャックに挿す3.5mmのイヤホンをお持ちの方におすすめの方法です。

変換アダプターは、片方がⅬightning端子、もう片方がイヤホンジャックとなっています。
そのため、普通は接続できない通常の有線イヤホンの接続が可能となるのです。

変換アダプターは、Appleの公式サイトやAmazonでも購入できます。
純正品が良いという方は、Appleストアで購入しましょう。
「Lightning – 3.5mmヘッドフォンジャックアダプタ」という商品が、1000円(税抜き)で購入可能です。

ワイヤレスイヤホンを使う(無線)

3つ目の方法は、ワイヤレスイヤホンを使うというものです。
ワイヤレスイヤホンはBluetoothで接続するので、イヤホンジャックの有無は関係ありません。
また、イヤホンをしながらiPhoneの充電ができるというメリットもあります。

デメリットは、充電をしないと利用できない点です。
しかし、一回の充電で何時間も使えるものが多いので、そこまで不便は感じないかもしれません。

最近は、ワイヤレスイヤホンもたくさんの種類があり、価格帯も様々です。
Apple純正のAirPodsだとかなり高価ですが、他を探せば安価なものもあります。

気になる方は、ぜひ一度ご検討ください。

まとめ

iPhone12 イヤホン まとめ
いかがでしたか?

iPhone12には付属のイヤホンはありません。
また、イヤホンジャックも付いていません。

しかし、変換アダプターやワイヤレスイヤホンを使うなど対応が可能です。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサードリンク
iPhone
wakaruni_contributorをフォローする
スポンサードリンク
3分で分かるに変わる!パソコンインストラクターが教える情報サイト | ワカルニ

コメント