アイデア一つで起業を実現!コロナ時代を戦い抜く共創コミュニティ「triven(トリブン)」のβ版リリースが開始

アイデア一つで起業 ニュース

株式会社アドリブワークスは、日本各地で起業や副業を志すチャレンジャー応援メディア「workators(ワーケイターズ)」を運営しています。

そして、ワーケイターズの機能の一部として、皆が仲間や資金、知見をすぐに集めることができるコミュニティ「triven(トリブン)」を開発し、β版のリリースを開始することが決定しました。

現在、クローズドβテストとしていくつかの先行プロジェクトを掲載中で、一般公開であるオープンβテストは今夏に公開予定です。
公共団体や大手企業とのコラボレーション企画も実施予定です。

「triven(トリブン)」とは

triven仕組み
「triven」とは、全国でアイデアを探すチャレンジャー、仲間として共に取り組むチームメンバー、購入し支援をするサポーターという3種類のメンバーによるコラボレーションを支援する共創コミュニティです。

特筆すべきなのは、事業で集まった収益がチームメンバーの業績に応じて各々に「取り分」として分配されることです。
そのサービスや商品が売れている間は「取り分」は永久的に分配される仕組みです。

コロナ時代にぴったりな働き方

新型コロナウイルスが世界各地で蔓延し、日本でも感染者は日々増えています。
そんな中で人々の働く意識は変化を見せています。

緊急事態宣言下でリモートワークを経験し、効率的な働き方に価値があると感じました。
しかしそうした変化によって、会社への不安や将来の不安を募らせた人が多いことも事実でしょう。

そして今注目されているのは、「ワーケーション」です。

ワーケーションとは、2000年代にアメリカで生まれたワークとバケーションを組み合わせた言葉です。
大抵の場合は、旅行先などで休息しながら働くようなリモートワークを指します。

旅行をしているのに出勤扱いをされているため、労働環境に影響を与えています。
既にアメリカで広がっている働き方です。

ワーケーションが生むライフスタイルについては、場所を変えて働くことではなく、何を生み出すのかが最も重要です。

感染が拡大している中、休み中でも働くことに対してあまり良いイメージはもたれてないかもしれませんが、全国にはまだまだアイデアがたくさん眠っています。

日本各地で好きな時間に好きな場所で、好きなことを自由にできたら日本という国はもっと良い国になることでしょう。

現在、日本で起業や副業を目指す人は150万人と言われています。
その中でも、成功できるのはわずか10%程度ともいわれています。
既存のサービスでは準備期間が長かったり、単価が安かったりで大変です。

そこで作られたのがこのサービスです。
起業や副業を目指したけど踏み出せなかった人がオンライン上で仲間を募集し、オフラインへと移って挑戦します。

トリブンが優れている点

triven(トリブン)プレスリリース用説明動画

◆5分で起業ができる点
従来の仕組みでは事業を展開することは大変でした。
特に、事業アイデアを人へ伝えることに時間がかかっていました。

しかし、これは本当に必要かと言われれば疑問です。
それよりもアイデア自体が人々に求められているものであるかを考える方がよっぽど大事です。

トリブンでは、5分もあればすぐに起業ができます。
たとえ失敗してもリスクはないので、何度でも挑戦できる場があります。

◆自ら取り分の設定ができる点
これまでのタスクシェア型では、タスクごとに報酬が支払われる形が一般的でしたが、タスクが終われば付き合いも終わってしまいます。
それでは良いサービスや商品は生まれません。

トリブンでは、商品やサービスを購入するサポーターを募り、チームメンバーは自身の事業への貢献度に応じて取り分を受け取ります。
商品やサービスが提供され続ける限りは、永久的に受け取ることができます。

◆新たなアイデアだけを求める点
既存のクラウドファンディングでは、似たようなサービスや商品があふれています。
どうせなら新しいものに出会いたいですよね。

トリブンは日本各地のアイデア段階の事業を集めています。
成立するサービスや商品は少ないかもしれませんが、とんでもない事業に巡り合うこともあるでしょう。

まとめ

trivenまとめ
新型コロナウイルスが世界中で大流行する中、働き方は非常に重要な問題になっています。
起業や副業など高い志を持つ人が増え、働き方はこれから大きく変わっていきます。

このような環境の中、

・起業に挑戦したい「チャレンジャー」
・一緒に事業に取り組む「チームメンバー」
・購入することで支援する「サポーター」

という3種のプレイヤーのコラボを実現させる共創コミュニティ「triven(トリブン)」がβ版としてリリースされることになりました。

高い志を持った人たちにとって有益なものになるでしょう。

◆会社概要
会社名:株式会社アドリブワークス( 英文名 : adlibworks inc. )
代表者:代表取締役 山岡健人
愛媛事務所:〒791-8061 愛媛県松山市三津3-6-22 3F
関西事務所:〒530-0011 大阪府大阪市北区大深町1-1WeWork LINKS UMEDA
設立日:2018年3月12日
URL:https://adlibworks.co.jp

ソース:『ワーケーションで起業しよう!』 新しい働き方に挑戦し、With/Afterコロナ時代へ備えるための共創コミュニティ「triven(トリブン)」β版をリリース|PR TIMES

スポンサードリンク
ニュース
ワカルニをフォローする
スポンサードリンク
3分で分かるに変わる!パソコンインストラクターが教える情報サイト | ワカルニ

コメント