【超簡単】LINEが落ちる原因とその対処法を徹底解説!

line 落ちる LINE

「LINEが落ちるのをどうにかしたい」
「LINEが落ちる原因は何?」
こういった疑問をお持ちではありませんか?

急にLINEが落ちるようになった、開かなくなったとお困りの方もいるかと思います。
しかし、その原因や対処法が分からずお困りの方も多いでしょう。

そこで当記事では、LINEが落ちる原因や対処法を解説しています。
当記事を活用して、ぜひ解決して頂ければ幸いです。

LINEが落ちる原因とは?

そもそも、LINEがなぜ落ちるのかが気になる方もいらっしゃるでしょう。
結論から申しますと、LINEが落ちる原因には以下のものが挙げられます。

・スマホの不具合
・アプリの不具合
・容量不足
・バージョンが古い
・通信環境が悪い

これら以外にも、他のアプリの影響という場合もあります。
このように、原因はスマホによって様々なので、どれか1つと断定することは難しいです。

ご自身のスマホの状況と照らし合わせてみて下さい。

LINEが落ちるときの対処法

ここからは、LINEが落ちるときの対処法をご紹介していきます。
具体的には、以下のものです。

①再起動をする
②容量不足を解消する
③アップデートを確認する
④通信環境を整える
⑤キャッシュを削除する
⑥他のアプリを終了する
⑦フィルタリングを解除する

以上の7つの対処法をご紹介するので、もし1つ試してダメでも他のものをお試しください。
それでは早速見ていきましょう。

再起動をする

スマホに不具合がある場合、再起動をすることで、落ちる現象が解消する場合が多いです。
iPhoneとAndroidの再起動の方法を分けてご紹介するので、お使いのスマホに合わせてご覧ください。

iPhone

iPhone X・11・12の再起動の方法は、以下の通りです。

①電源ボタンと音量ボタン(片方)を長押しします。
②電源オフのスライドが表示されるので、オフにします。
③電源ボタンを長押しで再度オンにすれば完了です。

iPhone SE(第二世代)・8以前の再起動の方法は、以下の通りです。

①電源ボタンを長押しします。
②電源オフのスライドが表示されるので、オフにします。
③電源ボタンを長押しで再度オンにすれば完了です。

Android

Androidの再起動の方法は、以下の通りです。

①電源ボタンを長押しします。
②「電源を切る」をタップします。
③再度電源ボタンを長押しして、オンにすれば完了です。

電源ボタンを長押ししたときに、「再起動」と出る機種があります。
その場合は、それをタップしても再起動することが可能です。

容量不足を解消する

スマホの容量が少なくなることで、アプリの動きが悪くなるということがあります。
その場合は、容量不足を解消することで、不具合が収まるでしょう。

iPhoneとAndroidに分けて、現状の容量の確認方法をご紹介します。
不足している場合は、アプリのアンインストールなどを行いましょう。

iPhone

iPhoneで現状の容量を確認する方法は、以下の通りです。

①「設定」を開きます。
②「一般」をタップします。

③「iPhoneストレージ」をタップすれば完了です。

もし、容量が圧迫されている場合は、写真の削除やアプリのアンインストールを行うことをおすすめします。
ホーム画面のアプリを長押しすることで、「Appを削除」することが可能です。

Android

Androidで現状の容量を確認する方法は、以下の通りです。

①「設定」を開きます。

②「ストレージ」をタップすれば完了です。

Androidは、機種によって設定内の表記が異なる場合があります。
しかし、「ストレージ」にたどり着ければOKです。

容量が不足している場合は、写真の整理やアプリのアンインストールを行いましょう。
「設定」→「アプリ」から、アプリの一覧を確認することができます。
その中で、利用していない、そして容量の多いものをアンインストールすることで、容量不足を解消できるでしょう。

アップデートを確認する

アプリがバージョンアップしている場合、アップデートすることで落ちる現象が解消することもあります。
そのため、アプリストアでアップデートが来ていないか確認してみましょう。
iPhoneであればApp Store、AndroidであればGoogle Playです。

加えて、スマホ本体にアップデートが来ていないかも確認しましょう。
スマホのバージョンが最新でないことで、アプリが正常に働かない場合があるからです。

iPhoneの場合、「設定」→「一般」→「ソフトウェア・アップデート」。
Androidの場合、「設定」→「システム」→「ソフトウェア更新」から確認できます。

もし、アップデートが来ている場合はそれを行いましょう。

通信環境を整える

単に、通信環境が悪くてアプリの調子が悪いということもあります。
その場合、通信環境を整えれば不具合が解消するでしょう。
通信環境を整える方法は、以下の2つです。

・Wi-Fiを切断する(もしくは違うWi-Fiに切り替える)
・機内モードをオン→オフにする

以上の方法で、不具合が解消するかお試しください。

キャッシュを削除する

キャッシュとは、データを保存しておくことで読み込みなどの操作を速くしてくれるものです。
このキャッシュが蓄積していくことで、LINEが重くなるということがあります。
キャッシュを削除することで、重いのを解消することが可能です。

iPhoneとAndroidで方法が異なるので、お使いのスマホに合わせてご覧ください。

iPhone

iPhoneでのLINEのキャッシュの削除方法は、以下の通りです。

①LINEのホーム画面から、歯車マークの「設定」をタップします。
②「トーク」をタップします。
③「データの削除」をタップします。
④「キャッシュデータ」にチェックを入れて、「選択したデータを削除」をタップすれば完了です。

Android

AndroidでのLINEのキャッシュの削除方法は、以下の通りです。

①LINEのホーム画面から、歯車マークの「設定」をタップします。
②「トーク」をタップします。

③「履歴」欄にある、「トークルーム内の一時ファイルを削除」をタップします。

④「削除」をタップすれば完了です。

他のアプリを終了する

アプリの開きすぎや、スマホの動きを重くするアプリを開いていることが原因で、落ちる現象が起こることもあります。

その場合、他のアプリを終了させていくことで、不具合が解消するかもしれません。
マルチタスク画面(現在開いているアプリが一覧で出る画面)を開き、アプリを終了させていきましょう。

フィルタリングを解除する

iPhoneの場合、フィルタリングが原因でLINEに制限がかかっている場合があります。
この場合、フィルタリングを解除することで、不具合を解消することが可能です。

iPhoneでフィルタリングを解除する方法は、次のようになります。

①「設定」を開きます。
②「スクリーンタイム」をタップします。

③「コンテンツとプライバシーの制限」をタップします。

④オンになっている場合、オフにすれば完了です。

元々オフの場合は、フィルタリングが原因ではなかったということになります。
また、オンにしたままでも、次の方法でLINEの制限を解除することが可能です。

①「コンテンツ制限」→「App」の順にタップします。
②「すべてのAppを許可」にチェックを入れます。

まとめ

いかがでしたか?
LINEが落ちる原因は、アプリやスマホの不具合など様々です。

また、原因によって対処法も異なってきます。
お使いのスマホの状況と照らし合わせて、お試しください。

スポンサードリンク

コメント