【バレない!】LINE上級者が教える既読をつけずにメッセージを確認する方法※デバイス別に解説

ライン 既読付けずに読む LINE

「既読スルーだと思われるといやだから、既読をつけずにメッセージだけを確認する方法はないかな?」
「忙しくてLINEのメッセージに返信できないから、既読をつけずに内容だけ確認したい…」

みなさん、こんな悩みをお持ちではないでしょうか?
LINEには既読という機能があり、忙しくてメッセージが返信できない人でもメッセージを確認しているということを相手に発信できるようになっています。

しかし、これが逆に「既読にしたら返信しなければならない」というプレッシャーになり、「既読スルー」という言葉を生みだすきっかけにもなってしまいました。
そのため、既読をつけずにメッセージだけ確認したいという人も多いと思います。

この記事では、使用する機種によって既読をつけずにメッセージを確認する方法ついてまとめました。
これを読んで、よりよいSNSライフを送ってください!

既読をつけずにメッセージを確認する方法 Android編

まずは、Androidで既読をつけずにメッセージを確認する方法について解説します。

既読回避アプリで読む

既読回避専用のアプリが何種類か出ています。
無料で利用できるものもあり、また対象をLINEに限らないので、お使いのアプリと照らし合わせて自分に合ったものを選んでください。
設定方法はアプリによって様々なので、取得したアプリの説明に沿って行いましょう。

既読回避アプリから直接LINEにアクセスできる機能や、送信を削除されたメッセージも復元できる機能などがついています。
ただ、一般的にアプリを使用する前に受信したメッセージは確認できないようなので、過去のメッセージを既読にしたくない場合は別の手段が必要です。

今後使う可能性がある場合は、LINEと一緒にダウンロードしておくといいかもしれません。

通知で読む

ロックを解除した画面で、上から下にスワイプすると通知を見られます。
メッセージが来るたびに通知が表示されるように設定すると、この通知をみることで既読をつけずに確認できます。

ただし、この通知設定では写真やスタンプのサムネイル表示はできませんので、文章によるメッセージのみを確認できるということになります。
人によっては、返事や定型的なメッセージをスタンプで送ってくることもありますので、そうした場合はこちらの方法で内容を知ることは難しいでしょう。

設定方法は、まず本体の「設定」アプリから「アプリと通知」をタップします。
その中の「通知」をタップし、さらに「アプリの通知」をタップしましょう。
インストール済みのアプリが表示されますので、この中からLINEを選び、タップしてください。

通知をオンにすると下に「メッセージ通知」という光も具が表示されますので、これを長押しします。
そこで「重要度」を長押しして選択することで「緊急」「高」「中」「低」と通知の種類が選べます。

たとえば、ポップアップ通知や音、バイブレーションで知らせてくるものだと、端末で他の作業をしている時に邪魔に感じることもあります。
こうした場合は「低」を選びましょう。
どんな場合もすぐに対応したい場合は「緊急」がよいでしょう。

次に、LINEの「設定」画面の「通知」をタップして「通知」をオンにします。
そして「新規メッセージ」「メッセージ内容表示」をタップしてオンにしてください。

こうすることで、プッシュアップ通知が新しいメッセージごとに送られるように設定できます。
ただ、通知によってメッセージの確認をする場合は、誤ってタップしてしまうとLINEのアプリが開き、既読になってしまいます。

通知でメッセージを確認する場合は、誤ってタップしないよう気をつけましょう。

機内モードで読む

画面を上から下にスワイプして出てくるクイック設定で、機内モードに切り替えられます。

機内モードはアイコンにもある通り、飛行機内でスマホの機能を制限するための機能です。
キャリアによるデータ通信、Wi-Fi,Bluetooth,GPSといったデータの送受信を行う機能を一括で停止でき、これによって飛行機の精密機器への影響をなくします。

情報のやり取りがなくなるため、機内モードのままLINEを起動してメッセージを確認しても既読にはなりません。
ただし、機内モードにしている間はメッセージが受信できなくなります。

また、LINEを起動しなくても機内モードを解除すれば、LINE内の情報が送信されて既読になってしまいます。
クイック設定で簡単に切り替えができますが、機内モードを解除するときにタイミングを見計らう必要があります。

既読をつけずにメッセージを確認する方法 iPhone編

続いて、iPhoneで既読をつけずにメッセージを確認する方法について解説します。

長押しで読む

LINEのトークルームリストの中から、既読をつけずに読みたいトークルームを選び長押しすると、リストの上に浮き上がるようにトークルームが表示されます。

これによって、浮かび上がって表示されたトークルームの範囲内のメッセージが確認できるので、スタンプや写真も確認できますし、ある程度広い範囲を確認できます。
また、2015年発売の6s以降のモデルなら長押しのみという手軽さでできますので便利です。

しかし、タップ(軽く画面を押す)と長押し(一、二秒間画面を押し続ける)は動作が似ており、スマホの反応によっては誤ってタップになりやすいというデメリットがあります。

タップになってしまうと、通常通りトークルームが開かれるため既読がついてしまいます。
さらに、表示された範囲内でしかメッセージを確認できないので、一定以上の過去にさかのぼって確認はできません。

通知で読む

通知の設定方法としては、まず本体の「設定」アプリから「通知」をタップします。

「通知」の中のLINEをタップし、「通知を許可」をオンにしてください。
その他「通知センターに表示」「サウンド」「Appアイコンにバッジを表示」「ロック画面に表示」などが設定できます。

この中の「通知センターに表示」「ロック画面に表示」「バナーに表示」をそれぞれオンにしましょう。
LINEのホームから設定画面に行き、「通知」から「新規メッセージ」、「メッセージ通知の内容表示」、「サムネイル表示」をオンにしてください。

この通知で読む方法は、文章だけではなくスタンプや写真も表示できますし、文章についても2行以内なら十分に表示できます。
よほどの長文をやり取りする機会は日常では少ないので、十分といえるのではないでしょうか。
また、一度設定しておけば毎回なにもしなくても表示されるので、設定が簡単であるというのもメリットです。

ただし、通知なので通知を消すつもりでタップしてしまったり、画面にうっかりさわってしまったなど、誤ってタップするとトークルームが開かれ、既読がついてしまいます。

また、通知は端末の画面を落としている場合でも、通知が来たら表示されてしまいますので、第三者に内容を読まれる危険があるといえます。

機内モードで読む

Androidと同じく、機内モードにすると情報のやり取りが一括で停止できますので、既読がつくのを防げます。
スマホ本体のコントロールセンターでWi-Fiをオフにし、機内モードをオンにしてください。
さらに、既読をつけずに読みたいメッセージについて読み終わったら、マルチタスク画面でLINEアプリを終了させる必要があります。

メリットとしては、写真やスタンプも含め、メッセージの全文が確認できるという点です。
デメリットとしては、操作に手間がかかるという点と、機内モードを解除した後にLINEを起動すると、機内モードのときに読んだメッセージが既読になってしまうという点があります。

既読をつけずにメッセージを確認する方法 PC編

最後に、PCで既読をつけずにメッセージを確認する方法について解説します。

非アクティブウィンドウで読む

PCで既読をつけずにメッセージを読みたい場合、既読をつけたくないトークルームを開くときにドラック&ドロップで別ウィンドウに分け、トークルームとは別のウィンドウをクリックして非アクティブ状態で表示しておく方法があります。

この場合、メッセージや写真、スタンプなどがすべて既読にならずに確認できます。
ただし、一度トークルームを開く必要があるので、その時点で既に受信しているメッセージはすべて既読になってしまいます。

何かの拍子に、トークルームのウィンドウをアクティブにしてしまう可能性もありますね。

まとめ

既読をつけずにメッセージを読む方法ですが、いろいろな方法がありますね。
それだけ困っている人、既読スルーをプレッシャーに感じている人が多いのでしょう。

通知を使った方法は多く知られていそうですが、機内モードを使った方法はあまり知られていないのではという気がします。
これらを活用して、既読スルーを気にせずメッセージを確認しましょう。

スポンサードリンク
LINE
wakaruni_contributorをフォローする
スポンサードリンク
3分で分かるに変わる!パソコンインストラクターが教える情報サイト | ワカルニ

コメント