LINE上級者が教えるID検索するときの年齢認証のやり方とエラー対策!

line 年齢確認 LINE(ライン)

「LINEで年齢認証を求められたけど、やり方が分からない!」
「LINEのID検索のために年齢認証したいのに、エラーが出てうまくいかない…」

みなさん、こんな悩みをお持ちではないでしょうか?
LINEは多くの人が利用しているアプリなので、今は離れている相手とやり取りをしたい場合、ID検索ができると便利ですよね。

しかし、スマホ版LINEではID検索のためには年齢認証が必要です。
この年齢認証はスマホのキャリアを利用して行っているので、キャリアによってはエラーが出たり認証ができなかったりします。

この記事では、年齢認証やID検索のやり方だけでなく、年齢認証のエラーの対策についてもまとめました。
これを読んで楽しいSNSライフを送ってください!

年齢認証ってなぜ必要なの?

まずは、年齢認証の基本について解説していきます。

年齢認証のやり方

LINEの年齢認証は、各携帯電話会社の年齢判定サービスを利用して行います。
そのため、契約している携帯電話会社が年齢判定サービスを使用できない会社だと年齢認証が行えません。

年齢判定サービスでは、ユーザーが契約時に申し込んだ生年月日、もしくは利用者登録で登録した利用者の生年月日をもとに18歳以上か未満かを判別しています。(18歳は認証されます)
そのため、年齢認証には携帯契約時の携帯番号やパスワードが必要となります。
年齢認証を行う際は、契約時の書類などを事前に準備・確認しておいてください。

年齢認証のやり方としては、基本的には以下のようになります。

1.LINEのトップ画面の設定をタップし、「個人情報」カテゴリの「年齢確認」をタップします。
2.年齢確認結果が表示されていますので、「未確認」の場合は年齢確認結果をタップします。
3.「年齢確認を行いますか?」のポップアップが表示されるので、「OK」をタップします。
4.キャリアもしくはLINEモバイルで年齢確認が行われます。 「au」、「softbank」などの自分が契約しているキャリアの画面が一時的に表示されます。
5.年齢認証の手続きはキャリアによって異なりますが、主として電話番号やパスワードを入力します。

年齢認証はなぜ必要?

LINEの場合年齢認証が必要となるのは今のところID検索のみです。

ID検索はLINEで友達を探す際、相手がID登録していて、さらに「プライバシー管理」で「IDによる友だち追加を許可」していた場合に相手をIDまたは電話番号から検索できる機能です。
年齢認証ができていない場合は、スマホ版LINEでは

・ID検索で相手を探す
・ID検索で相手に探してもらう

この二つの機能が使用できません。
ID検索が使えないといわれるとID検索で相手を探す機能のみが使えないように思われがちですが、年齢認証をしていない場合、たとえ相手が18歳以上でID検索が使えたとしても、ID検索によってこちらを検索で見つけることができません。

ID検索は便利な機能ですが、必ず必要な機能というわけではありません。
ID検索を使わず、QRコードやふるふるなどの機能で相手の登録をする場合や、トークに参加している相手を友だち登録する場合は、そもそも年齢認証をする必要がありません。

遠方にいる相手を友だち登録する場合も、QRコードを撮影して送ればいいのです。
ID検索は不用意な出会いを防止したいという青少年保護のために設定されているので、ID検索だけで新しく友だちを探したいといった目的の場合、18歳未満は検索に引っかからないようになっているのです。

年齢認証エラーがでたときの対策

続いて、年齢認証でエラーが出た場合の対応について解説します。

格安SIMを使っている場合

格安SIMとは、事業者が大手携帯会社の通信サービスを安く借りて運営している携帯電話会社のことです。
通信費が低く抑えられるため、大手から乗り換えた方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

しかしこの格安SIMでは、年齢判定サービスを利用できないため年齢認証をすることができません。
そのため格安SIMで携帯電話を契約していると、年齢認証エラーが出てしまいます。
LINEモバイルやワイモバイルなどの一部の格安SIMは例外で、LINEの年齢認証ができます。

格安SIMの年齢認証エラーは回線の問題ですので、スマホ版LINEでは解決することはできません。
この場合は年齢認証をすることをあきらめることをお勧めします。

年齢認証は必ずしも必要というわけではなく、ID検索にはQRコードやふるふるなど補う機能も多く存在します。
できなかったからといってあまり困ることはない機能だということもできるでしょう。

それでも手軽にID検索をしたいという場合は、格安SIMに乗り換える際にLINEモバイルやワイモバイルなどを考慮に入れてはいかがでしょうか。

その他の大手キャリアを使っている場合

iPhoneやAndroidなどのスマホの種類に関係なく、年齢認証が可能なのはNTTドコモ、au、ソフトバンクの大手キャリアです。
これらの大手キャリアと携帯電話の契約している場合は、正しいパスワードや電話番号を準備していれば問題なく年齢認証を行うことができるはずです。

それでも年齢認証エラーが発生した場合、何らかの手違いで年齢が18歳未満であるというケースが考えられます。
この場合は契約書に確認をとり、契約しているキャリアに確認をとってみましょう。

また、ID検索をした時年齢認証エラー以外のエラーが発生している場合も考えられます。
電波状況のエラーが一番多いと思われますが、その他にも相手が「プライバシー管理」で「IDによる友だち追加を許可」を畏怖にしている場合や、18歳未満である場合など、検索結果が出てこないということが考えられます。

ID検索で友達を見つけられない場合は、相手と連絡を取ってQRコードを送ってもらうなどして対策しましょう。

LINE ID検索のやり方

最後に、LINEでID検索をする方法について解説します。

ID検索のやり方

ID検索の方法は以下の通りです。

1.ホーム画面から、人型に+がついたアイコンをタップします。
2.友だち追加の右上の「検索」をタップします。
3.IDまたは電話番号のいずれかを選んで検索します。

なお、年齢認証が行われていない場合は「年齢認証」のポップアップが表示されるので、この「年齢認証する」をタップすると各キャリアの年齢認証画面に移動できます。

年齢認証ができない場合のID検索のやり方

年齢認証ができていない場合でも、LINEで年齢確認が可能なPC版LINEを使用すれば、年齢確認なしでIDや電話番号による検索ができます。
この場合はたとえ18歳未満でも、携帯電話を格安SIMで契約していても関係なくID検索を行えます。
手順としては以下の通りです。

1.PC版LINEにログインし、人型に+がついたアイコンをクリックします。
2.友だち検索を選択します。
3.IDまたは電話番号のいずれかを選んで検索をかけます。

ただし、検索したい相手側が年齢確認を済ませていない場合は、スマホ版LINEと変わらずIDや電話番号での検索はできません。

まとめ

LINEの年齢認証は、18歳未満の青少年の保護を目的としてついている機能です。
大手キャリアの年齢確認サービスを利用しているため、一部を除いた格安SIMでは年齢認証を行うことができません。

年齢認証は主にID検索のためについている機能なので、年齢認証を行えなかった場合もその他の機能を使って友だちを追加してみてください。

スポンサードリンク
LINE(ライン)
シェアする
wakaruni_contributorをフォローする
スポンサードリンク
3分で分かるに変わる!パソコンインストラクターが教える情報サイト | ワカルニ

コメント