LINE上級者が教える!簡単!LINEポイントの貯め方・使い方まとめ!

line ポイント LINE

「LINEポイントってどこで手に入るの?」
「LINEポイントを使ってみたいけど、どうやって使えばいいのか分からない…」

みなさん、こんな悩みをお持ちではないでしょうか?
LINEには、提携したサービスを通して貯めたり使ったりできるLINEポイントというものがあります。
LINEと提携しているサービスは多いので、利用方法を工夫するだけで効率的に貯められます。

この記事では、LINEポイントの貯め方・使い方についてまとめました。
これを読んで楽しいSNSライフを送ってください!

LINEポイントって何?

まずは、LINEポイントの基礎について確認しておきましょう。

何に使えるの?

LINEポイントは、アプリ右下にある「ウォレット」をタップして移動するウォレットページから確認できます。
ポイントの残高とコインの残高が並んで書いてあります。
LINEポイントとLINEコインは並んで書いてある通り別のものですが、深い関わりがあります。

具体的に言うと、LINEポイントは2ポイントで1コインに自動変換されるので、コインを使用する場面では自動的にLINEポイントがLINEコインに変換され、残高として表示されるのです。

このように、関係の深いLINEポイントとLINEコインですが、一番の違いはLINEコインは直接購入できるという点です。
LINEポイントは様々な方法で貯めることができますが、コインと違って直接購入はできません。
お店のポイントカードサービスを想像するとわかりやすいと思いますが、LINEポイントも指定の方法でLINEの提携店を使用することなどで貯めることはできますが、直接買うことはできません。
あくまでおまけのようなものといえます。

LINEポイントは、スタンプやアマゾンギフト券、マイル、LINE Pay残高などを購入したり変換したりして利用できます。
レートとしては、LINEポイント1ポイントで1円です。

注意点はある?

LINEポイントを利用するためには、あらかじめLINEアカウントに電話番号登録が必要です。
つまり、Face bookアカウントのみを利用して作った別アカウントの場合はLINEポイントは利用できません。

念のため、使用する前にきちんと電話番号が登録されているかをプロフィール画面で確認しておきましょう。
ホーム画面の自分のアカウント名をタップし、左下に表示される歯車マークをタップするとプロフィールが表示されます。
その中に「電話番号」という項目がありますので、これをタップすると登録や変更を行えます。

また、ポイントの有効期限は180日と決まっています。
ただしこの期限は、新たにポイントを取得するごとに180日伸びるということになっていますので、定期的にポイントを手に入れる機会のある人にはあまり関係のない話ではあります。

さらに、ポイントは様々な手段で入手することができますが、それが付与されてアカウントに反映されるまでにはそれぞれタイムラグがあります。
LINEショッピングによるポイント獲得などは、数カ月経過しないと反映されないこともあります。
すぐに手に入れたいと思ったとしても、仕組み上当日や翌日の反映は難しくなっていますので、このことは事前に知っておいてください。

LINEポイントの貯め方

次に、LINEポイントの貯め方をご紹介します。

簡単・無料の貯め方

LINEポイントの貯め方はいろいろありますが、「ポイント」というだけあって一度に大量に入手できるのは何らかの高額の買い物をした時です。

しかし、高額買い物の機会はそこまで多くありませんよね。
そのため、無料で簡単にポイントをゲットする機会もちゃんと存在しています。
それほど大量に入手できるわけではありませんが、さほど時間もかからないので、時間があるときにコツコツ行ってみてください。

まずは、LINEポイントのキャンペーンに参加する方法です。
サービスの登録やアプリのインストール、動画視聴、公式アカウントの友だち追加などの種類があります。
ポイントをゲットできるのは、ひとつのキャンペーンにつき最初の一回のみなので、、新しいキャンペーンが追加されるのを待ちましょう。

LINEのウォレットページをタップし、表示されるLINEポイントページの「貯める」タブをタップしましょう。
「かんたんに貯める」や「ミッション」、「動画をみる」、「読んで貯める」などをタップすれば、キャンペーンが表示されます。

また、提携ポイントサイトで獲得したポイントをLINEポイントに変換することも可能です。
変換できるポイントは、GポイントやPontaポイント、ポイントタウン、モッピー、ペックスなどがあります。

ただし、ポイントサイトごとにレートが異なっているので、場合によっては損をしてしまったと感じることもあるかもしれません。
変換のレートをよく確認して、納得してから返還を行ってください。

自動で貯まる方法

自動で貯まる方法としては、あらかじめ登録をしておいて買い物をする方法があります。
LINE Pay決済で買い物をする方法や、LINEショッピングで買い物をする方法、LINEでリマ・LINEポケオを使う方法、LINEトラベルを使う方法など、LINEのサービスを利用して買い物をすることで、それぞれの支払額の0.5~20%がポイントとして還元されます。

SHOPPING GOバーコードを利用してお店で買い物をした場合は、買い物がキャッシュレスで手軽になると同時に、お店によってはそのお店のポイントとLINEポイントとを二重に得ることもできます。

LINEデリマ・LINEポケオはあまり耳慣れないかもしれませんが、LINEと提携した出前サービス・テイクアウトサービスです。
専用アプリのインストールは不要で、100円につき1ポイント程度を取得できます。

出前が多い人はLINEデリマ、出張や旅行が多い人はLINEトラベル、キャッシュレスで行動している人はLINE Pay決済やSHOPPING GOバーコードの利用など、ポイントがほしいからといって無理せず、自分の日常の範囲内でポイントを貯めましょう。

LINEポイントの使い方

最後に、ゲットしたLINEポイントの使い方をご紹介します。

LINE Pay残高として使う

LINEポイントは、LINE Pay残高に変換して現金のように使うことができます。
決済に使えるほか、銀行口座に出金も可能です。

なお、この変換は2019年12月31日までとなっているので、交換はお早めにしたほうがよいでしょう。
LINEポイントの利用は2019年12月31日以降も可能です。

ただし、LINE Payカードなどで支払する場合はポイントが直接利用できなくなりますのでご注意ください。

LINE Pay残高への変換は、最低100ポイントから可能です。
LINE Payのコード支払いの画面で、残高の下のLINEポイントにチェックを入れると優先的にLINEポイントが使用されます。

LINEストアで使う

LINEのウォレットページをタップし、表示されるLINEポイントページの「使う」タブをタップしましょう。
「LINE STORE」をタップすれば、ウェブブラウザが立ち上がりLINEストアに飛ぶことができます。

LINEストアでは、ポイントはコインに2ポイント=1コインで自動的に変換されます。
スタンプや着せ替えが購入できるほか、マンガコインやゲーム内課金にも使用できます。
商品によって必要なコイン数は異なりますので、よく確認して購入してください。

なお、購入画面でポイント数を指定できるので、ポイントと現金のチャージなどを合わせて支払することも可能です。

その他サービス

LINEポイントは、Amazonギフト券や各種ポイントなど、他のサービスの特典に交換することも可能です。
他のポイントをLINEポイントに変換できるのと同じように、nanacoポイント、dポイント、JALマイレジバンクなどのポイントにもLINEポイントを変換できます。

ただし、変換レートがそれぞれ異なっていますので、よく確認してから返還してください。

また、LINEギフトなどのLINEと提携している各種サービスで使うこともできます。
こちらもLINEポイントを1ポイントから使用してLINEギフトを購入することができるため、自分へのご褒美や友人への贈り物に使ってみてはいかがでしょうか。

まとめ

LINEポイントはLINEと提携したサービスやキャンペーンを利用すると貯めることのできるポイントサービスです。
ポイントを貯めることで、LINEストアやLINEギフトでほしい商品と交換することができます。

貯め方はたくさんありますが、あくまでも還元されるおまけのポイントと考えて、自分の生活から無理をしない範囲で貯めてみてください。

スポンサードリンク
LINE
wakaruni_contributorをフォローする
スポンサードリンク
3分で分かるに変わる!パソコンインストラクターが教える情報サイト | ワカルニ

コメント