【先行ユーザー募集中】経済界待望のかんたん健康観察アプリSmartPHRが、8月に新登場 

健康観察アプリSmartPHR ニュース

医療分野において数々のシステムを提案してきた株式会社ユーズテックが、日々の健康観察を簡単に記録・共有できるスマホアプリSmartPHRを、2020年8月にローンチ予定。
新型コロナウイルスだけでなく様々な病気から組織と、そこで働く人を守るために開発されたアプリがリリースに先駆けて、トライアルユーザーの募集を始めました。

今までにないストレスフリーな健康観察

 健康観察共有アプリSmartPHR
新型コロナウイルス感染症が拡大する中、毎朝の検温を日課とした企業も多いのではないでしょうか。しかし、組織の規模が大きくなればなるほど、全従業員の健康状態を把握するのは至難の業。
そんなとき頼りになるのが、スマホをタップするだけで健康状態を記録・観察でき、なおかつデータを共有できるアプリ、SmartPHRです。

こんなことができる! 健康観察アプリSmartPHRの実力

SmartPHRの入力画面
体調不良になっても医療機関に駆け込むことが難しく、オンライン初診が求められている現在、自分の身体情報を正確に把握しておくことが求められています。
しかし、測ったデータを正確に記録しておくことは思った以上に面倒なのも事実。

そんなとき、SmartPHR を利用すれば、起床時血圧、体温、脈拍、呼吸数、体重、食事、排尿、排便、睡眠時間など、必要な情報を簡単に記録しておくことが可能です。
蓄積しておいたデータは、医療機関でのスムーズな診療を助け、迅速な対応を受けることを可能にしてくれます。

各地に従業員を抱える組織にとっては、有効な感染者対策となるはずです。

SmartPHRでできること

1. かんたん検温記録とデータの蓄積で健康状態を把握
2. 報告・共有機能によって組織も従業員の健康状態をリアルタイムで把握
3. 頭痛や倦怠感、食欲不振など、新型コロナウイルスの感染が疑われる症状の問診を記録
4. 出退勤の管理
5. 健康状態の記録を一覧表示・出力保存
6. 服薬情報(次期版開発予定)
7. 現病歴、既往歴、家族歴(次期版開発予定)

健康観察アプリSmartPHRが簡単で使いやすい理由

健康観察共有アプリSmartPHR管理画面
県や市町村などの自治体単位のみならず、医療機関や福祉施設、薬局など、病気と前線で戦う場所での導入効果が高いと、ユーズテックの中村社長が自信を持って勧める健康観察アプリSmartPHR。
新型コロナウイルス感染のリスクを軽減できるだけでなく、コロナ感染防止対策関連補助金および助成金への申請にも役立つ健康観察アプリでもあると、大いに期待されています。

SmartPHRのここがすごい

1. 簡単に入力ができる
スマホの画面をタップするだけで体温入力完了
2. わかりやすいデータ管理
蓄積された過去のデータをひと目でわかりやすく表示
3. 必要かつ重要な項目を網羅
健康観察に役立つ項目を豊富に完備
4. データの出力・印刷も可能
スマホで入力したデータを簡単印刷
5. データの共有ができる
どこにいてもどこからでも健康状態をチェック
6. 万全なセキュリティ対策で情報をガード
データはアップロードされないので安全かつ安心

知っておきたい!オンライン診療の利用方法

オンライン診療推進ポスター
引用元:https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryou/rinsyo/index_00014.html

スマートフォンやタブレット、PCなどの情報通信機器を用いて行う診察や医学管理のことを、オンライン診療(遠隔診療)といいます。
メリットはなんといっても、クリニックに行かず、自宅や職場から診察を受けることが可能な点。
心配される院内感染や二次リスクが回避でき、診察や会計までの待ち時間も少なくて済みます。

オンライン診療の流れ

1. 初診は原則として医療施設へ来院
2. オンライン診療に移行可能か医師と相談
3. スマートフォンやタブレットに「オンライン診療アプリケーション」をダウンロード
4. 医療機関を検索し診察予約
5. ビデオ通話によるオンライン診療を受診
6. 決済と薬の受取

代表的なオンライン診療アプリ

・CLINICS / クリニクス
https://clinics.medley.life/
・curon / クロン
https://curon.co/home?ref=heade
・PocketDoctor / ポケットドクター
https://www.pocketdoctor.jp/med
・YaDoc / ヤードック
https://www.yadoc.jp/personall

まとめ

ますます推進されるリモートワークには、従業員の健康と維持、その把握が必要不可欠です。
日々の簡単健康観察でデータを残し、共有することで「新しい生活様式」と「新しい企業体制」をスムーズにスタートしてみてはいかがでしょうか。

【株式会社ユーズテック概要】
ユーズテックは医療のデジタル化に貢献することを使命に、設立以来30年以上にわたり、医療分野における数々のシステムを提案し、実績を重ねている会社です。
放射線分野に特化し、DICOM、MWM装置、検診用RISやレポート、遠隔読影の支援システム開発など、今日の医療財政の難局を乗り切り、かつ医療サービスの合理化や品質向上を同時に実現しています。
厚生労働省のロードマップが指し示すように、ユーズテックでは経営資源であるITを駆使した方法論で、日本の医療改革が抱えている課題に立ち向かっています。

【お問い合わせ先】
株式会社ユーズテック担当:吉國(ヨシクニ)
〒104-0031 東京都中央区京橋2-1-1 第二荒川ビル5F
公式ページ https://www.ustec.co.jp
製品ページ:https://phr.ustec.co.jp/top/

ソース:感染から従業員と組織を守る SmartPHR を2020年8月ローンチ予定 トライアルユーザーの募集を開始|PR TIMES

スポンサードリンク
ニュース
ワカルニをフォローする
スポンサードリンク
3分で分かるに変わる!パソコンインストラクターが教える情報サイト | ワカルニ

コメント