【比較表あり】おすすめPCモニター2021-選ぶポイントは?用途別にわかりやすく解説!

pc モニター おすすめ,パソコン モニター おすすめ パソコン

PCモニターは、使用する用途によっておすすめが変わってきます。
その為、購入前に用途ごとに選ぶポイントを知っておけば、モニター選びに失敗することはありません。

当記事では、PCモニターを購入する上で知っておくべき情報をはじめ、モニターの選び方やおすすめディスプレイメーカー・製品をご紹介しています。
また、おすすめモニターの比較表もあるので、違いがわかりやすくなっています。

これからPCモニターの購入をお考えの方は、是非当記事を参考にしてくださいね。

おすすめPCモニターをすぐに見る

まず知っておこう!PCモニターの基本【形状・種類】

PCモニターの基本 形状と種類
PCモニターを選ぶ前に、まずはPCモニターの基本について解説します。
形状や種類について知っておくことで、PCが選びやすくなりますよ。

モニターの形状と大きさ:スクエアとワイド

PCモニターの形状は、スクエアとワイドの2種類です。
この2種類は比率が異なり、スクエアは5:4の正方形に近い比率ですが、ワイドは16:9です。

動画やゲームなどでは、ワイドの比率になっていることがほとんどです。
近年はワイドのものが大半なので、スクエアよりもワイドのモニターを選んだ方が良いでしょう。

また、モニターの大きさはインチという単位で表され、モニターの対角線の長さを指して、1インチ、2インチという風になります。
1インチは2.54センチメートルです。
モニターの縦と横のサイズをセンチメートルで表すと、以下のようになります。

19インチ41.99cm23.65cm
22インチ48.62cm27.38cm
23インチ50.83cm28.63cm
24インチ53.04cm28.63cm
27インチ59.66cm33.66cm
32インチ70.71cm39.83cm

※実際はもっとサイズ展開が多く「23.5インチ」の様に細かく区切られているものもありますが、表では例としていくつかピックアップしています。

モニターの大きさは用途によって選びましょう。
もし迷ったら、22~24インチが小さすぎることもなく、大きすぎることもないサイズで使いやすいのでおすすめです。

パネルの違い:IPS/VA/TN

液晶パネルはIPSパネル、VAパネル、TNパネルの3つに分かれます。

IPSは「In Plane Switching」の略で、視野角が広く性能は高めです。
ただし、価格も相応に高く、応答速度がそれほど速くない点には注意しなければなりません。

VAは「Vertical Alignment」の略です。
視野角が広いのに加えて、鮮やかな映像を映し出せるのが特徴となっています。
しかし、応答速度は遅めです。

最後のTNは「Twisted Nematic」を略したものです。
価格が安く、応答速度が速いのがTNの長所となっています。
一方で、視野角をはじめとした性能が、IPSやVAよりも劣っている点はデメリットです。

光沢(グレア)と非光沢(ノングレア)

PCモニターは、光沢のあるグレアと非光沢のノングレアに分かれます。

グレアは発色が良く、コントラストがはっきりしています。
その一方で、モニターに付着した指紋やほこりなどの汚れが目立ちやすいです。
映り込みが目立つ点や目が疲れやすい点もデメリットとなります。

グレアに対して、ノングレアは比較的発色が弱いです。
その分、映り込みは目立ちにくく、目に優しいのがメリットとなっています。

テレビより専用モニターがおすすめな理由

中には、テレビをPCモニターとして使いたいと考えている方も多いです。
ですが、テレビをパソコンのモニターにするのはおすすめしません。

なぜなら、テレビは応答速度が遅いからです。
加えて、テレビにはチューナーが付いているため、PC用のモニターより値段が高くなります。

そのため、PC用として使うなら、専用のモニターを選んだ方が良いでしょう。

用途に合わせて選ぶ!失敗しないPCモニターの選び方

失敗しないPCモニターの選び方
次に、PCの用途に合わせたモニターの選び方とそれぞれのおすすめ製品をご紹介します。
以下の4つから、目的に合った用途を選択してください。

事務仕事や日常使いに最適なモニターの選び方

事務仕事や日頃の作業で、PCモニターを利用したいと考えている方は多いでしょう。
特別スペックを必要としない用途のモニターなら、高価な商品を買う必要はありません。

金額で言うと1万円前後のものを選ぶのがおすすめです。
高いPCモニターでなくても大丈夫ですが、逆に安すぎる商品は買わない方が良いです。

比較的新しくて値段が1万円程度のPCモニターには、最低限の機能が備わっています。
また、画質も悪いわけではないので、動画や画像も問題なく楽しむことが可能でしょう。

このように、特別な用途に使用しない場合は、1万円前後のモニターがおすすめです。

ASUS VZ239HR(23.8インチ/IPS)

ASUS VZ239HR

VZ249HRは薄さ7ミリと非常にスリムなのが特徴で、ベゼルも狭いのでマルチディスプレイにもおすすめです。
しかし、画面の大きさは23インチと、日常の作業をするには十分な大きさとなっています。
さらに、ASUSのEye Careテクノロジーにより、ブルーライトを軽減できるため、目に優しいのも嬉しいポイントです。
作業はもちろん、動画視聴やゲームなどもできるオールマイティなスペックなので、とりあえず迷ったらコレ!と言えるモニターです。
価格12,980円(税込)
画面サイズ・重量23.8インチ(W 531mm x H 387mm x D 211mm※スタンド含む)/約2.7kg
解像度1920×1080 フルHD
パネルIPS
表面仕様ノングレア(非光沢)
入力端子HDMI/D-Sub 15ピン
応答速度5ms

製品について詳しく見る

ACER SB240YBbmix

ACER SB240YBbmix

SB240YBbmixは、23.8インチのIPSパネル搭載ノングレアとなっています。
液晶パネル周りのフレームを極限まで薄くした「ゼロ・フレームデザイン」を採用しているため、さらにフルHD(1920×1080)なので美しい映像大迫力で楽しめますよ。
側面最薄部も6.6mmとかなり薄く、掃除や移動をさせるのも簡単なので日常使いでおすすめできるモニターです。
価格10,880円(税込11,968円)
画面サイズ・重量23.8インチ
解像度1920×1080 フルHD
パネルIPS
表面仕様ノングレア(非光沢)
入力端子ミニD-Sub15ピン×1、HDMI 1.4 ×1
応答速度1ms

製品について詳しく見る

Quintokuta 4F156

Quintokuta 4F156

Quintokuta 4F156は、重さが約620gとスリム・軽量となっているので、モニターをお探しの方におすすめです。
また、ポータブル型液晶ディスプレイかつ持ち運びに便利なカバースタンドも付属しているため、日常使い+寝室や外出先でも使用することがある方にコレを検討してみてください。
櫃は仕事のサブモニターとしてノートパソコンと繋いで使用し、プライベートではYouTubeをスマホよりも大きな画面で見る、といった使い方もできますよ。
価格16,980円(税込18,678円)
画面サイズ・重量15.6インチ
解像度1920×1080 フルHD
パネルIPS
表面仕様ノングレア(非光沢)
入力端子USB Type-C (DisplayPort Alt Mode) x 1 / USB Type-C(給電のみ)x 1 / Mini HDMI x 1
応答速度6ms

製品について詳しく見る

I-O DATA EX-LDH241DB

I-O DATA EX-LDH241DB

EX-LDH241DBは、日本のPC周辺機器メーカーのI-O DATAが製造しているため、日本ブランドで安心して購入したい方におすすめです。
また、PCで作業をする際に目の疲れの原因の1つとされるブルーライトをカットする「ブルーリダクション2」機能が搭載されており、色味の変化が少なくより自然にブルーライト低減できるのも嬉しいポイントです。
値段もお手頃なので、モニターを購入するのが初めての方はこちらにすればまず問題ありませんよ。
価格13,980円(税込)
画面サイズ・重量23.8インチ
解像度1920×1080 フルHD
パネルADS
表面仕様ノングレア(非光沢)
入力端子HDMI、アナログRGB
応答速度4ms

製品について詳しく見る

ゲームプレイに最適なモニターの選び方

ゲーム用にPCモニターを購入する場合は、ゲームに合った性能のモニターを選びましょう。
特に注目したいのが、応答速度とリフレッシュレートです。

応答速度は、モニターに表示されている色が変化する速度を意味します。
応答速度が速ければ、映像がはっきりと見えるようになり、残像も少なくなります。
また、リフレッシュレートとは画面の更新頻度を表す言葉です。
リフレッシュレートが高いほど、画面上の動きがなめらかになります。

また、PCモニターの性能を比較する際は、液晶パネルにも注意してください。

応答速度が遅いVAパネルは避け、IPSパネルかTNパネルのものを選びましょう。
競技レベルの商品を求める場合は、応答速度に優れたTNパネルがおすすめです。
ただし、TNパネルは映像がそれほど綺麗ではありません。
そのため、映像も楽しみたいなら、IPSパネルのものを選ぶと良いでしょう。

ゲーム目的なら応答速度とリフレッシュレートの数値が優れた商品を選べば、ゲームをプレイしやすくなります。
しかし、PCモニターを買うのが初めてで、数値の比較の仕方がよく分からないという方も多いでしょう。
その場合は「ゲーミングモニター」と記載されている商品を選ぶことをおすすめします。
名前の通り、ゲームに特化しているモニターなので、失敗することはありません。

Acer KG251QJbmidpx(24.5インチ/TN)

Acer KG251QJbmidpx

G251QJbmidpxは、Acerで人気のゲーミングモニターです。
ゲームに最適なTNパネルを採用しており、応答速度0.6ms、リフレッシュレート165Hzと遅延やカクツキの心配もありません。
10段階から黒の強弱を調整できる「ブラックブースト機能」を搭載しており、暗いシーンでの画面の見にくさを解消できます。
さらに、ディスプレイ上に照準を表示してエイムをサポートする「Acer Aim Point」、FPSゲームのプレイヤーに嬉しい機能となっています。
価格25,980円(税込)
画面サイズ(表示領域)24.5インチ(W 544mm x H 303mm)/約5.9kg
解像度1920×1080 フルHD
パネルTN
表面仕様ノングレア(非光沢)
入力端子HDMI
応答速度/リフレッシュレート0.5ms/165Hz

製品について詳しく見る

ASUS VG279QL1A

ASUS VG279QL1A

VG279QL1Aは、プロゲーマーや臨場感あふれるゲーム体験を求めるゲーマーのために設計された、165Hzの高速リフレッシュレートを備えた27インチフルHD (1920 x 1080)HDR IPSディスプレイです。
HDMI×2、DisplayPort、イヤホンジャックと、様々な機器と簡単に接続できる豊富なインターフェースが搭載されているため安心です。
また、長時間のゲームプレイでの快適さをサポートするために、人口工学に基づいたデザイン設計がされているので、まさにゲームをするためのモニターとなっています。
価格35,836円(税込39,420円)
画面サイズ・重量27インチ
解像度1920×1080 フルHD
パネルIPS
表面仕様ノングレア(非光沢)
入力端子HDMI v2.0 ×2 DisplayPort v1.2 ×1
応答速度1ms

製品について詳しく見る

MSI Optix G241VC

Optix G241VCは、湾曲率1800Rゲーミングモニターです。
何と言ってもモニターが湾曲していることが特徴で、上下左右のどの角度からディスプレイをのぞき込んでも安定した美しい発色の映像表示を実現しています。
また、ゲームごとにモニターの設定プロファイルを作成可能となっているため、複数のゲームをする人には特におすすめとなっています。
ゲーミングモニターとしてはかなりお得な値段になっているので、周りとは一味違うモニターを試してみたいという方はぜひ検討してみてください。
価格11,280 円(税込12,408円)
画面サイズ・重量23.6インチ
解像度1920×1080 フルHD
パネルVA
表面仕様ノングレア(非光沢)
入力端子HDMI1.4×1、D-sub×1
応答速度1ms

製品について詳しく見る

iiyama G-MASTER G2730HSU-B1

iiyama G-MASTER G2730HSU-B1

G-MASTER G2730HSU-B1は、27型の高速応答速度1msゲーミング液晶ディスプレイとなっています。
比較的大きめのサイズ感となっているため、大迫力でゲームを楽しみたいという方にはおすすめです。
ブルーライトカットも3段階で調節でき、レビューも安定して高評価の商品なので、ストレスなく使用することができますね。
ちなみに、iiyamaはマウスコンピューターの液晶ディスプレイのブランド名です。
価格21,278 円(税込23,405円)
画面サイズ・重量27インチ
解像度1920×1080 フルHD
パネルTN
表面仕様ノングレア(非光沢)
入力端子HDMI×1、DisplayPort×1、D-Subミニ15Pin×1
応答速度1ms

製品について詳しく見る

キレイな動画が見たい!動画視聴に最適なモニターの選び方

動画用にPCモニターを購入する方は、製品の解像度を参考にしてください。
HDや4Kなど、解像度の高いPCモニターがおすすめです。

また、映像を楽しむならPCモニターのサイズにも注目しましょう。
目安として27インチ以上のものなら、大画面で映像を楽しめます。

LG 27UL500-W(27インチ/IPS)

LG 27UL500-W

27UL500-Wは、4Kに対応しているので、高画質の動画視聴にも対応しています。
色のコントラストがはっきりしており、発色が良い事に加えて、スタイリッシュなデザインとコスパの高さが特長です。
視野角に強いIPSパネルなので、複数人での動画視聴もできます。
同商品のサイズ展開では、31.5インチ、42.5インチも展開しているので、さらに大きい画面が欲しいという方にもおすすめです。
価格37,800円(税込)
画面サイズ(表示領域)24.5インチ(W 597mm x H 336mm)
解像度3840×2160 HDR/4K
パネルIPS
表面仕様ノングレア(非光沢)
入力端子HDMI×2、DisplayPort
応答速度5ms

製品について詳しく見る

DMM.com DKS-4K55DG4

DMM.com DKS-4K55DG4

DKS-4K55DG4はDMM英会話などでおなじみのDMMが製造しているモニターです。
4K(3840×2160)の高解像度4K UHDパネルを搭載しているため、あらゆる映像を臨場感あふれる4K高画質となっています。
鮮やかな色彩となめらかな階調表現を細部まで描画しているので、映画やゲームをさらにリアルに、そしてより美しく表現できます。
従来機種よりも薄いベゼル(ディスプレイの外枠部分)により、スッキリとしたデザインに改良されているため、かなり臨場感が増しますよ。
価格69,800 円(税込76,700円)
画面サイズ・重量55インチ
解像度3840×2160 4K
パネルADS
表面仕様-
入力端子HDMI2.0 (HDCP2.2) x 3, AV入力 x 1, USB2.0 x 2
応答速度-

製品について詳しく見る

LG 32MP58HQ-P

LG 32MP58HQ-P

32MP58HQ-Pは、視野角が上下左右178度のIPSハーフグレア(半光沢)パネルを搭載した31.5型液晶モニターです。
ハーフグレアは、グレアタイプよりも光の映り込みが抑えられ、ノングレアよりもコントラストが高く色鮮やかな映像を楽しめるという、どちらの長所も兼ね備えているディスプレイとなっています。
大画面のモニターの中ではかなり料金がお得なのでコストパフォーマンスは抜群ですよ。
価格24,090円(税込)
画面サイズ・重量31.5インチ
解像度1920×1080 フルHD
パネルIPS
表面仕様ハーフグレア
入力端子D-Sub×1、HDMI×1
応答速度5ms

製品について詳しく見る

Acer EB490QKbmiiipfx

EB490QKbmiiipfxは、低解像度の映像を4Kパネルに表示した際のぼけや表示の粗さを補正し、自然で鮮明な映像を楽しめる「スーパーシャープネス・テクノロジー」を搭載しています。
高精細で鮮明な映像を心ゆくまで堪能できる4K画質と、HDR10対応でダイナミックな臨場感を体感できるので、自宅でシアター気分を味わいたい方にはおすすめですよ。
また、グリーン購入法やJ-Mossグリーンマークなど各種規格・基準に対応しているため、安心安全に使える点もポイントです。
価格69,800円(税込)
画面サイズ・重量48.5インチ
解像度3840x2160 4K
パネルIPS
表面仕様ハーフグレア
入力端子ミニD-Sub 15ピン、HDMI 2.0 x 1、HDMI 1.4 x 2、DisplayPort v1.2、5W+5W
応答速度4ms

製品について詳しく見る

クリエイティブ作業(画像・動画編集)に最適なモニターの選び方

画像や動画を編集するなど、クリエイティブな作業を目的にPCモニターを利用するなら、サイズの大きいものを選びましょう。
おすすめは27インチ以上です。
27インチ以上あれば、複数のウィンドウを開いても画面が圧迫されにくいため、作業をしやすいでしょう。

また、入力端子はHDMI端子、DVI端子が付いている商品を選ぶようにしてください。
D-SUB端子はアナログ信号になるので、どうしても上記の2つより画質が劣化していまします。

そして、PCモニターの中でもウルトラワイドモニターは画面が横に長く、クリエイティブ作業用に向いています。
ウルトラワイドモニターであれば、作業スペースが大きいので通常のPCモニターよりも作業をしやすいです。
しかし、価格が10万円を超えるので、購入するにはすこし気合いが入りますよね。

その場合は、24インチ程度のものを複数用意し、マルチモニターにするのもおすすめです。
マルチモニターにするなら、外枠のベゼルが狭いものを選べば画面間の境目が目立たなくなり、ストレスが減ります。

LG 34WL500-B(34インチ/IPS)

LG 34WL500-B

34WL500-Bは、21:9のウルトラワイドモニターなので、動画編集や画像編集の作業スペースが大きく取れます。
また、ワイドモニターながら約4万円弱と非常に安く、HDR対応で画質も申し分ありません。
マルチモニターにすると、どうしてもベゼル部分で区切りができてしまう上に、左右の入力端子が違う場合は若干色の出力の違いが出てきます。
しかし、ワイドモニターであれば、一つの入力端子で色の違いなく、区切りもないので非常に作業がしやすいのがメリットです。
価格39,915円(税込)
画面サイズ・重量24.5インチ(W 799mm x H 335mm)
解像度2560×1080 HDR
パネルIPS
表面仕様ノングレア(非光沢)
入力端子HDMI×2
応答速度5ms

製品について詳しく見る

BenQ GW2780

BenQ GW2780

GW2780は、シンプルで、美しさを追及してデザインされたモニターです。
スタンド背面にケーブル収納を施し ディスプレイ側からケーブルが見えないようにすることで、デスク回りをすっきり整理整頓でき、BenQ独自のアイケア技術で長時間の使用でも、目の疲れを心配する必要はありません。
クリエイティブな作業空間には特におすすめの商品です。
価格20,000円(税込)
画面サイズ・重量27インチ
解像度1920×1080 フルHD
パネルIPS
表面仕様ノングレア(非光沢)
入力端子D-sub、HDMI1.4、DP1.2
応答速度5ms

製品について詳しく見る

ProArt PA24AC

ProArt PA24AC

ProArt PA24ACは、フレームレスデザインのWUXGA(1920 x 1200) IPSパネルを搭載しており、sRGB100%のカバー率を実現しています。
約1677万色の表示が可能な8bitカラーに対応。映像信号処理には14bit LUT(Look Up Table)を採用しているため、グラフィックデザイナーや写真家といった高い色精度を求められる方にとって理想的な商品です。
また、長時間作業することになるクリエイターには必須と言えるブルーライトを軽減する機能もしっかり搭載されていますよ。
価格59,818円(税込65,800円)
画面サイズ・重量24インチ
解像度1920 x 1200
パネルIPS
表面仕様ノングレア(非光沢)
入力端子DisplayPort 1.2 ×1, HDMI 2.0 ×2, USB-C ×1
応答速度5ms

製品について詳しく見る

PHILIPS 271E1D/11

PHILIPS 271E1D11

271E1D/11が採用しているIPSディスプレイは、画像を鮮やかな色彩でくっきりと表示できます。
そのため、写真や映画だけでなく、色の正確性や一貫した明るさを常に求めるクリエイターにはうってつけの商品と言えるでしょう。
27インチで1万円台はかなりコスパが良いので、クリエイターとしてまずひとつモニターを新調したいという方にはこちらのモニターがおすすめです。
価格18,980円(税込)
画面サイズ・重量27インチ
解像度1920×1080 フルHD
パネルIPS
表面仕様ノングレア(非光沢)
入力端子アナログD-Sub 15ピン x1、 DVI-D x1、HDMI 1.4x 1
応答速度4ms

製品について詳しく見る

おすすめPCモニター比較表

製品名
ASUS VZ239HR

ACER SB240YBbmix

Quintokuta 4F156

I-O DATA EX-LDH241DB

Acer KG251QJbmidpx

ASUS VG279QL1A

MSI Optix G241VC

iiyama G-MASTER G2730HSU-B1

LG 27UL500-W

DMM.com DKS-4K55DG4

LG 32MP58HQ-P

Acer EB490QKbmiiipfx

LG 34WL500-B

BenQ GW2780

ProArt PA24AC

PHILIPS 271E1D/11
価格12,980円11,968円18,678円13,980円25,980円35,836円12,408円23,405円37,800円69,800円24,090円69,800円39,915円20,000円59,818円18,980円
画面サイズ23.8インチ
(W 531mm x H 387mm x D 211mm)
23.8インチ
(W 540mm x H 405mm x D 212mm)
15.6インチ
(W 261mm x H 387mm)
23.8インチ
(W 553mm x H 215mm x D 388mm)
24.5インチ
(W 544mm x H 303mm)
27インチ
(W 614mm x H 533mm x D 213mm)
23.6インチ
(W 543mm x H 404mm x D 192mm)
27インチ
(W 613mm x H 440mm x D 197mm)
24.5インチ
(W 597mm x H 336mm)
55インチ
(W 1228mm x H 752mm x D 239mm)
31.5インチ
(W 204mm x H 726mm x D 491mm)
48.5インチ
(W 1255mm x H 760mm x D 185mm)
24.5インチ
(W 799mm x H 335mm)
27インチ
(W 724mm x H 464mm x D 136mm)
24インチ
(W 532mm x H 488mm x D 202mm)
27インチ
(W 655mm x H 514mm x D 140mm)
重量約2.7kg約2.86kg約0.62kg2.72kg約5.9kg約6.2kg4.1kg5.3kg5.1kg約11kg6Kg1.64Kg5.89kg4.85Kg約6.5kg6.36Kg
解像度1920×1080 フルHD1920×1080 フルHD1920×1080 フルHD1920×1080 フルHD1920×1080 フルHD1920×1080 フルHD1920×1080 フルHD1920×1080 フルHD3840×2160 HDR 4K3840×2160 4K1920×1080 フルHD3840x2160 4K2560×1080 HDR1920×1080 フルHD1920 x 12001920×1080 フルHD
パネルIPSIPSIPSADSTNIPSVATNIPSADSIPSIPSIPSIPSIPSIPS
表面仕様ノングレア(非光沢)ノングレア(非光沢)ノングレア(非光沢)ノングレア(非光沢)ノングレア(非光沢)ノングレア(非光沢)ノングレア(非光沢)ノングレア(非光沢)ノングレア(非光沢)-ハーフグレアハーフグレアノングレア(非光沢)ノングレア(非光沢)ノングレア(非光沢)ノングレア(非光沢)
入力端子HDMI/D-Sub 15ピンミニD-Sub15ピン、HDMI 1.4USB Type-C/ USB Type-C/ Mini HDMHDMI、アナログRGBHDMIHDMI v2.0 ×2 DisplayPort v1.2HDMI1.4、D-subHDMI、DisplayPort、D-Subミニ15PinHDMI×2、DisplayPortHDMI2.0x3, AV入力 x 1, USB2.0 x 2D-Sub、HDMIミニD-Sub 15ピン、HDMI、DisplayPort v1.2HDMI×2D-sub、HDMI1.4、DP1.2DisplayPort 1.2, HDMI 2.0×2, USB-CアナログD-Sub 15ピン、 DVI-D x1、HDMI
応答速度5ms1ms6ms4ms0.5ms/165Hz1ms1ms1ms5ms-5ms4ms5ms5ms5ms4ms
Amazon詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

コスパが高い!PCモニターのおすすめメーカー紹介

PCモニターのおすすめメーカー紹介
ここからは、PCモニターのおすすめメーカーをご紹介します。

LG

LGエレクトロニクスは技術力の高い会社で、高品質の割に値段が安いため、PCモニターの中でも人気があります。
スリムでベゼルの狭いデザインのものが多いので、マルチモニターでの作業にも向いているでしょう。
高画質で大画面のモニターも多く扱っているのが特徴です。

BenQ

台湾に本社があるBenQのモニターの特徴は、価格の安さです。
低価格な製品が販売されており、加えて性能も優れています。
安いPCモニターを探している方には、BenQの製品をおすすめします。

Hisense

中国の家電メーカー、Hisenseの商品もおすすめです。
高性能なPCモニターが多く、価格も安めです。
コスパの高い商品を探すなら、Hisenseもご検討ください。

ASUS

ゲーム用のPCモニターを探している方には、ASUSがおすすめです。
ASUSはゲーミングモニターを多く取り揃えています。
高解像度のPCモニターの他、競技向けの製品もあるので、ゲーミングPC用のモニターならASUSの製品をチェックしてみましょう。

おすすめPCモニターまとめ

PCおすすめメーカーまとめ
最後に、当記事の内容をまとめます。

  • PCモニターは製品によって、形状やパネルなどが異なる。
  • テレビをモニターにするよりも、専用のPCモニターを購入する方が良い。
  • ゲームプレイにはゲーミングモニターがおすすめ。
  • クリエイティブな作業をするなら、サイズの大きい製品が役に立つ。

PCモニターを探している方は、当記事でご紹介したメーカーの商品を購入してみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

コメント