iPhoneのおすすめの容量を徹底解説!選ぶ基準や空き容量の増やし方まで

iphone 容量 iPhone

「iPhoneの容量の選ぶ基準を知りたい」
「どの容量がおすすめなの?」
こう言った疑問をお持ちではありませんか?

iPhoneは、機種によって様々な容量タイプがあります。
決して安く無い買い物なので、失敗したくないですよね。

しかし、容量の選び方が分からないという方も多いでしょう。

そこで当記事では、iPhoneの容量の選び方を解説しています。
また、おすすめの容量もご紹介しているので、よければご覧ください。

結論!iPhoneのおすすめの容量

とにかくおすすめのiPhoneの容量を知りたいという方もいらっしゃるでしょう。
結論から申しますと、以下が用途別のおすすめ容量です。

・64GB→最低限しか使わない方、ゲームなどをあまりしない方
・128GB→写真やゲームなどをたくさん使いたい方、どれにしたらいいか分からない方
・256GB→動画をたくさん撮影したい方

64GBがおすすめの人

64GBは、現在出ているiPhoneで最低の容量となります。
あまり多く使わないという方であれば容量が余るので、64GBでも事足ります。
Googleフォトなどのサービスを利用すれば、写真に容量を食われる心配もありません。

iPhoneは欲しいけど最低限のことに使えれば良いという方は、64GBがおすすめです。

128GBがおすすめの人

iPhoneでゲームアプリをたくさんしたい、写真や動画もたくさん撮りたいという方は128GBがおすすめです。
正直に言うと、128GBあればまず容量が無くなることはないでしょう。
そのため、iPhoneをたくさん使っても、容量の心配がいりません。

またどの機種でも、128GBと64GBは5000円しか価格が変わりません。
そのため、64GBで足りなくなることが不安という方も、5000円多く出し128GBを買うことでその不安を解消することができます。

以上まとめると、アプリや写真撮影でたくさんiPhoneを使いたい方、どの容量にしたらいいか分からない方には128GBがおすすめです。

256GBがおすすめの人

256GBは、動画撮影をたくさんする人におすすめの容量です。
iPhone12では、動画撮影がパワーアップしました。
そのため、iPhone12で動画をたくさん撮りたいという方もいるかもしれません。

尺にもよりますが、動画はかなりの容量を取ります。
1分の動画で使用する容量は、デフォルトのサイズで60MBです。
より上の設定にすると、使用する容量も増えます。

ただ、デフォルトの場合は10分の動画でも約600MBです。
そのため、たまに撮るくらいという方は128GBでも事足りるでしょう。
256GBは、動画投稿や子供の記録のためなど、動画を撮りまくりたいという方におすすめとなります。

iPhoneの機種別の容量と価格

まずは、2020年11月現在、最新のiPhoneであるiPhone12・12Proシリーズ、iPhone11シリーズ、SEの容量とその価格をご紹介します。

・iPhone12シリーズ

64GB128GB256GB
iPhone1285,800円90,800円101,800円
iPhone12mini74,800円79,800円90,800円

・iPhone12Proシリーズ

128GB256GB512GB
iPhone12Pro106,800円117,800円139,800円
iPhone12Pro Max117,800円128,800円150,800円

・iPhone SE、iPhone11

64GB128GB256GB
iPhone SE44,800円49,800円60,800円
iPhone1164,800円69,800円80,800円

iPhoneの容量の選ぶ基準

iPhoneの容量を選ぶときに、何を基準にしたらいいか分からないという方もいらっしゃるでしょう。
結論から申しますと、以下の3つが主な基準となります。

①予算はどれくらいか
②アプリをどれだけ使うか
③写真や動画をどれだけ撮るか
④映画などのダウンロードするか

では、それぞれ見ていきましょう。

予算はどれくらいか

当たり前のことですが、予算によって選べる機種も変わってきます。
例えば、予算が8万円の場合、iPhone11やSEの256GB、もしくはiPhone12miniの128GBを選ぶことが可能です。

まずは、予算とその範囲の機種を照らし合わせてみましょう。
その際には、上の表をご参照頂ければと思います。

アプリをどれだけ使うか

次に確認することは、アプリをどれだけ使うかということになります。
なぜなら、容量の大きなアプリをいくつも利用する場合とそうでない場合では、やはり選ぶ容量が変わってくるからです。

例えば、FPS系やスポーツなどのサイズが大きいゲームをいくつもしたいという方は64GBより128GBの方が良いでしょう。
他に、写真なども使うことを考えると、容量が心もとなくなる可能性があるからです。

その反対に、アプリをたくさん使う予定はない、最低限のアプリだけでよいという方は64GBで足りるでしょう。

今のスマホでどれくらいアプリを使っているか、次のiPhoneでどれくらい使うかということを考慮してみてください。

写真や動画をどれだけ撮るか

続いての基準は、写真や動画をどれだけ撮るかということです。
容量の確保のために、写真や動画を消したことがある方も多いでしょう。
カメラ機能を駆使してたくさん撮りたいという方は、やはり128GB以上がおすすめとなります。

なぜなら、写真1枚はたいしたことが無くても、何枚何百枚も撮るとかなりの容量になるからです。
最低でも2年近く利用するとなれば、かなりの枚数になることが予想されます。
容量が多くなるたびに、写真や動画を削除するのは面倒ですよね。

そして、128GBと256GBの境目は、動画をどれだけ撮るかということになります。
iPhoneで動画を撮りまくりたいという方は、256GBを選んでも良いかもしれません。
その反対に、アプリもあまり使わない、写真もたくさん撮る予定はないという方は64GBで足りるでしょう。

映画などをダウンロードするか

映画や音楽などをダウンロードするかも考慮しましょう。
音楽1曲であればそれほどサイズはないですが、たくさんダウンロードすればやはり容量は大きくなってきます。

また、映画をiPhoneにダウンロードして観たいという方もいるかもしれません。
iTunesからダウンロードすると、1作品約1GB~5GB程度のサイズになります。
NETFLIXでも、数百MB~数GBのサイズとなるでしょう。

そのため、映画や音楽をダウンロードする場合は、最低でも128、できれば256GBは欲しいです。
64GBの場合はすぐに容量が埋まり、かなり不便になってしまいます。

このように、iPhoneで映画をダウンロードして観るといった使い方をしたいかどうかも考慮しておきましょう。

空き容量を増やす方法

容量がパンパンになった時の対処法を知りたいという方もいらっしゃるでしょう。
もし、容量が多くなってしまった場合は、以下の2つの方法を試しましょう。

①削除やアンインストール
②クラウドサービスを使う

削除やアンインストール

まずはいらない写真や動画、ファイルの削除とアプリのアンインストールを行いましょう。

基本的なことですが、これだけでもかなり容量が解消される場合があります。
特に、ゲームアプリは容量が大きかったりするので、もうしない場合はアンインストールすることがおすすめです。

クラウドサービスを使う

写真や動画を消したくないという方も多いでしょう。
そんな方には、iCloudやGoogleフォトなどのクラウドサービスを利用することをおすすめします。

これらは簡単に言えば、写真や動画のバックアップを取るためのサービスです。
iCloudでは、それ以外にアプリのデータなどのバックアップを取ることもできます。

まず、iCloudやGoogleフォトに写真や動画をアップロードします。
そして、その後本体からその写真や動画を削除することで、本体の容量が解消されるという仕組みです。

空き容量が無くて困っているという方は、ぜひご活用ください。

まとめ

いかがでしたか?
iPhoneの容量は用途によっておすすめが異なります。

自分の使い方に照らし合わせて、お選びください。
最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント