【超簡単】Windows10でバックアップを取る方法!準備や手順・復元方法まで解説

windows10 バックアップ Windows

「Windows10でバックアップってどうやってとるの?」
「必要なものとかある?」
「バックアップの復元方法も知りたい!」
こういった疑問をお持ちではありませんか?

パソコンには、人それぞれ大事なデータが入っているでしょう。
そのため、バックアップを取りたいという方も多いかと思います。

しかし、その方法が分からないという方もいらっしゃるでしょう。

そこで当記事では、Windows10のバックアップの方法をご紹介しています。
また、必要なものや復元方法も解説しているので、よければ最後までご覧ください。

Windows10でバックアップを取る方法

早速ですが、Windows10でバックアップを取る方法は以下の4つです。

・システムイメージ
・ファイル履歴
・回復ドライブ
・外部のサービス

それぞれ役割が違うので、1つずつ解説していきます。

システムイメージ

システムイメージは、パソコンのシステムや環境のバックアップを取る機能です。
例えば、Windowsの設定やインストールしたアプリなど、その時点のパソコンの状態を丸ごとバックアップしてくれます。
復元を行えば、バックアップを取った時点のパソコンの環境や状態に戻すことが可能です。

ただし、全てのデータが保存されるわけではありません。
著作権の保護されたもの、保存先がDドライブになっている文書などはシステムイメージではバックアップされないのでご注意ください。

ファイル履歴

ファイル履歴は、文書や画像、音楽などの個々のデータをバックアップするための機能です。
システムイメージのような、パソコンを丸ごとバックアップするというよりは、詳細なデータを保存しておくというイメージになります。

こちらも、著作権の保護されたものはバックアップできない可能性があるので、ご注意ください。

回復ドライブ

回復ドライブは、パソコンが起動しないときのリカバリーのためのものです。
そのため、システムや個々のデータバックアップするものではありません。

故障でパソコンが起動しないという時に、回復ドライブでWindowsを起動し、システムイメージで復元を行うことで元通りにすることができます。

外部のサービス

Windows10のバックアップには、標準機能だけでなく外部のサービスを利用することもできます。
具体的には、バックアップソフトやクラウドサービスです。

特に、文書や画像などの個々のデータのバックアップを取る場合、OneDriveなどのクラウドサービスがおすすめになります。
無料のサービスも多く、アカウント1つでバックアップが取ることが可能です。
ぜひご検討ください。

バックアップに必要なものとは?

バックアップに必要なものは、機能によって異なります。
まとめると、以下の通りです。

・システムイメージ→外付けハードディスク、もしくはDVD・Blu-ray-R(DVDドライブがある場合)
・ファイル履歴→外付けハードディスク、もしくはUSBメモリ
・回復ドライブ→USBメモリ(32GB以上)

1つの機能につき、1つのものを用意してください。
例えば、回復ドライブを作成する場合、その他のUSBのデータは消えてしまいます。
そのため、ファイル履歴のバックアップと同じUSBを併用することはできません。

また、システムイメージは、パソコン内部でバックアップを取ることもできます。
しかし、パソコンに不具合が出たときのことを考慮して、外付けのものなど外部の機器を使うことが望ましいです。

このように、バックアップのためにはそれぞれの機器を用意しましょう。
そして、バックアップの容量とディスクやUSBの容量の関係にはご注意ください。
容量が足りないと正常に行われない可能性があります。

実際のバックアップの手順

ここからは、Windows10の標準機能である、システムイメージ・ファイル履歴・回復ドライブの使い方をご紹介していきます。
個々にご紹介しているので、利用したいものをご覧ください。

システムイメージ

システムイメージでバックアップを取る方法は、以下の通りです。

①用意した機器(外付けハードディスクやDVD-Rなど)を取り付けます。
②スタートの検索欄に「con」と入力し、「コントロールパネル」を選択します。
③「システムとセキュリティ」欄の「バックアップと復元(Windows7)」をクリックします。
④「システムイメージの作成」をクリックします。
⑤バックアップの保存先を選択し、「次へ」をクリックします。外付けハードディスクの場合は「ハードディスク上」、DVDの場合は「1つ以上のDVD上」から選びます。
⑥バックアップするものを選択し、「次へ」をクリックします。
⑦「バックアップの開始」をクリックすれば完了です。

後は、バックアップが完了するのを待ちます。
また、バックアップ後、「システム修復ディスクを作成しますか?」と出るでしょう。

しかし、回復ドライブを作成するのであれば、あまり必要ないものです。
そのため、「いいえ」を選択して頂いて構いません。

ファイル履歴

ファイル履歴でバックアップを取る方法は、以下の通りです。

①スタートをクリックし、「設定」を開きます。
②「更新とセキュリティ」をクリックします。
③左側のメニューから「バックアップ」を選択します。
④「ドライブの追加」をクリックし、保存先を選択します。
⑤保存先を決めた後、「その他のオプション」を選択します。
⑥「今すぐバックアップ」をクリックすれば完了です。

後は、バックアップが完了するのを待ちましょう。

回復ドライブ

回復ドライブの作成方法は、以下の通りです。

①スタートの検索欄で「con」と入力し、「コントロールパネル」を開きます。
②「システムとセキュリティ」を選択します。
③一番上の「セキュリティとメンテナンス」を選択します。
④「回復」→「回復ドライブの作成」と順に選択します。
⑤手順に沿って、「次へ」をクリックしていきます。
⑥「回復ドライブの作成」の画面で、「作成」をクリックすれば完了です。

後は、作成が完了するのを待つだけとなります。
上でも述べましたが、回復ドライブの作成に使用するUSBのデータは全て消えてしまいます。
そのため、重要なデータなどが入っているものは使用しないよう、ご注意ください。

バックアップを復元する方法

バックアップを復元する方法を知りたいという方もいらっしゃるでしょう。
ここでは、データのバックアップである、システムイメージとファイル履歴の復元方法をご紹介します。

システムイメージの復元

システムイメージの復元方法は、以下の通りです。

①バックアップを保存している機器を取り付けます。
②スタートから「設定」を開きます。
③「更新とセキュリティ」を選択します。
④左側のメニューから「回復」を選択します。
⑤「PCの起動をカスタマイズする」から「今すぐ再起動」を選択します。
⑥「オプションの選択」欄で「トラブルシューティング」を選択します。
⑦「詳細オプション」→「イメージでシステムを回復」を順に選択します。
⑧アカウントを選択し、「続行」をクリックします。
⑨バックアップの内容を確認する画面になるので、「システムイメージを選択する」→「次へ」と選択します。
⑩バックアップの内容が確認されていくので、内容を確認し「次へ」を選択していきます。
⑪確認を進んでいった後、「完了」をクリックすれば復元が開始されます。
⑫復元後、再起動すれば完了です。

ファイル履歴の復元

ファイル履歴の復元方法は、以下の通りです。

①保存した機器を取り付けます。
②スタートから「設定」を開きます。
③「更新とセキュリティ」を選択します。
④左側のメニューから「バックアップ」を選択します。
⑤「その他のオプション」を選択します。
⑥「関連設定」欄にある、「現在のバックアップからファイルを復元」を選択します。
⑦復元したいファイルを選び、下の矢印マークをクリックすれば完了です。

正常に完了していれば、フォルダーに復元されています。

まとめ

いかがでしたか?
Windows10のバックアップには、いくつかの種類があります。
機能によって、バックアップできるものが違うのでご注意ください。

あなたの疑問の解決に当記事が役立ったのであれば幸いです。

スポンサードリンク

コメント