2021年最新!Windows10を無料で使う方法と知っておくべき注意点

windows10 無料 Windows

「Windows10になんとか無料でアップデートする方法はないか?」とお困りではありませんか?

Windows10を無料で使う方法は2つです。
その2つを試せば、本来有料のWindows10を無料で使える可能性があります。

私は以前、Windows7を使っていました。Windows10への無償アップグレードのお知らせも無視して、ずっとWindows7を使っていたのです。

手続きが面倒だと勝手に思い使い続けていると、Windows10への無償アップグレードの期間は終わりました。
それでもまだWindows7を使い続けていると、今度はWindows7のサポートが終了してしまったのです。

さすがに移行しないといけないと思い、無料でWindows10に移行する方法を調べました。
そうすると、期間は終わったものの無償アップグレードができるかもしれないということを知りました。
そして手順通りに試すと、何と無償でWindows10にアップグレードできたのです。

私の場合は条件を満たしていたためできたのですが、試して良かったと心底思いました。
もちろんWindows10は今も満足に使えています。

当記事では、Windows10を無料で使うための方法やその注意点を解説しています。
また、無償アップデートできなかった時には、有料版の値段や使い方の解説もしているので、良ければご覧ください。

この記事を読めば、Windows10を無料で使う方法とその注意点が分かり、無料と有料のどちらを使うか決められます。
Windows10を無料で使いたいという方は、ぜひ参考にしてみてください!

1.Windows10を無料で使う2つの方法

Windows10を無料で使う2つの方法
Windows10を無料で使う方法は、以下の2つです。

  • Windows10への無償アップグレードを行う。
  • Windows10の試用版を使う。

Windows10を無料で使いたい場合は、どちらかの方法を試しましょう。
この2つの方法については、以下で詳しく解説していきます。

2.無償アップデートを行う方法と注意点

無償アップデートを行う方法と注意点
Windows10は2015年にリリースされ、それと同じ頃に、Windows7やWindows8.1からWindows10へ無償でアップグレードできる期間が設けられました。
この無償アップグレードの期間は、2016年7月29日で終了しています。

しかし、条件を満たしていれば、現在でもWindows10への無償アップグレードが可能です。
例として、Windows7からWindows10へ無償アップグレードするには、以下の条件を満たす必要があります。

  • Windows7 Service Pack1がインストール済み。
  • Windowsのライセンス認証がされている。
  • パソコンがWindows10のハードウェア要件を満たしている。

また、2016年7月29日までの無償アップグレード期間中に、一度でもWindows10へのアップグレードを行っていれば、その後にダウングレードしたとしても、今から再度アップグレードできます。

知らず知らずのうちに条件を満たしている可能性もあるため、今からでも無償アップグレードを試す価値は大いにあります。
なお、この無償アップグレードは正規のやり方であるため、違反にはなりません。

2-1. 無償アップデートの注意点

Windows10への無償アップグレードには、いくつか注意点があります。
以下の注意点を把握したうえで、無償アップグレードを行いましょう。

  • PCが対象外で、無償アップグレードできない可能性がある。
  • メディア(USB、DVDなど)を使わないと、無償アップグレードに失敗する。
  • 無償アップグレード後、PCの動作が不安定になる可能性がある。

2-2. Windows10へ無償アップグレードする方法

無償アップグレードは以下の手順で行います。

  1. PCが無償アップグレードの要件を満たしているか確認する。
  2. データのバックアップを行う。
  3. Windows10インストールツールをダウンロードし、作業を進める。

なお、アップグレードが完了するまでにかなりの時間を要する可能性があるため、作業は時間に余裕のあるときに行いましょう。

2-2-1. アップグレードの準備

アップグレードの準備として、まずはデータのバックアップを行う必要があります。
滞りなくアップグレードが完了すれば問題ありませんが、必ず成功するとは限らないため、そのような場合に備えてバックアップをしておくと安心です。
データのバックアップは、外付けHDDなどに行いましょう。

バックアップが完了したら、Windows10のインストールツールをダウンロードしてください。
以下の専用サイトへ移動し、「ツールを今すぐダウンロード」を選択します。

https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

その後、ツールを保存すれば、無償アップデートの下準備は完了です。

2-2-2. Windows10をアップグレードする手順

アップグレードの準備が終わったら、Windows10への無償アップグレードを本格的に進めていきましょう。
具体的な手順は、以下の通りです。

  1. 保存したインストールツールを起動する。
  2. ライセンス条項に同意する。
  3. 操作を進め、インストール画面が出てきたら「インストール」を押す。
  4. アップグレードの処理が行われるため、インストールが完了するまで待機する。

では、それぞれの手順について詳しく見ていきましょう。

インストールツールを起動する

まず、専用サイトで保存したインストールツールを起動します。
インストールツールは「MediaCreationTool.exe」という名前なので、これを実行してください。

ライセンス条項に同意する

ツールを起動すると、「適用される通知とライセンス条項」という画面が表れます。
内容を読んだら「同意する」を選択し、次の画面に進みましょう。

アップグレードのための操作を進める

続いて表示される「実行する操作を選んでください」の画面では、「このPCを今すぐアップグレードする」にチェックを入れて「次へ」を押します。
そうすると再びライセンス条項の確認画面が出てくるので、同意をしてください。

Windows10をインストールする

ここまでの操作が完了すると「インストールする準備ができました」という画面に移ります。
ここで「インストール」を選択すれば、Windows10のインストール開始です。
何度か再起動しながら、インストールの処理が進んでいきます。
処理が終了し、Windows10の画面が表れれば、アップグレードは完了です。

3. Windows10の試用版を使う方法と注意点

Windows10の試用版を使う方法と注意点
Windows10を無料で利用するには、無償アップグレードを行う以外に、試用版を使うという方法があります。
試用版はアップグレードの際にプロダクトキーを入力しなければ、利用可能です。

ただし、試用版を使い続ける方法はライセンス違反となるため、止むを得ない場合のみ一時的に利用しましょう。

3-1. Windows10の試用版を使う注意点

Windows10の試用版を使い続ける方法には、以下のような注意点があります。

  • そもそも試用版を使い続けるのはライセンス違反。
  • クリーンインストールをしてPC内のデータを消す必要がある。
  • 画面右下にある試用版のマークが消えない、一部機能を利用できない、などのような制限がある。

3-2. Windows10をクリーンインストールする方法

続いて、Windows10をクリーンインストールする方法を解説していきます。
Windows10の試用版を使い続ける場合だけでなく、Windows7の32bitからWindows10の64bitにアップグレードしたいケースでも、クリーンインストールが必要です。

また、無償アップグレードに失敗した場合も、クリーンインストールを行ってから再試行することで、状況の改善が期待できます。

3-2-1. クリーンインストールの準備

クリーンインストールの準備として、まずはインストール用メディアを作成する必要があります。
その際に用意しなければならないのが、8GB以上のUSBメモリです。

USBメモリの用意ができたら、まずはWindows10を無償アップグレードする際に利用した専用サイトへ行き、インストールツールをダウンロードします。
その後、インストールした「MediaCreationTool.exe」を起動し、画面の指示に従って操作を進めてください。

そして、「実行する操作を選んでください」の画面に移ったら、「別のPCのインストール メディアを作成する(USB フラッシュ ドライブ、DVD、またはISOファイル)」にチェックを入れ、「次へ」を押します。
最後に、USBメモリをPCに接続して操作を進めれば、インストール用メディアの作成は完了です。

3-2-2. クリーンインストールの手順(USB使用)

インストール用メディアを作成したら、クリーンインストールに移りましょう。
クリーンインストールの手順は、以下の通りです。

  1. USBメモリをPCに接続してから電源を入れる。
  2. インストールのオプションを選択し、「次へ」を押す。
  3. 「今すぐインストール」を押す。
  4. ライセンス認証の画面に移るので、「プロダクトキーがありません」を選択する。
  5. Windows10 Home、Windows10 Proなどの中から、インストールするオペレーティングシステムを選ぶ。
  6. 「インストールの種類を選んでください」の画面に移ったら、「カスタム」を選択する。
  7. Windows10のインストール場所を決める。
  8. クリーンインストール開始。

上記の操作を終え、PCの画面に地域を選択する表示が出てくれば、クリーンインストールは完了です。

4.Windows10のライセンス購入費用

Windows10のライセンス購入費用
Windows10を無償アップグレードできなかった場合でも、ライセンスを購入すればWindows10を利用することが可能になります。
Microsoft公式で販売されているライセンスの価格は、以下の通りです。

Windows10 HomeWindows10 Pro
パッケージ版19,360円28,380円
ダウンロード版28,380円28,380円

購入できるライセンスはHomeとProの2種類あります。
Proの方がHomeよりも機能が多く、企業における採用率が高いです。

また、Amazonなどの通販サイトを利用すれば、ライセンスを公式よりも安く購入できる可能性があります。

4-1.有料ライセンスを用いてWindows7→10に移行する方法

有料のライセンスを利用してWindows7からWindows10へアップグレードする場合も、その手順は無償版のときと同様です。

ダウンロード版を利用するにしろ、USBメモリでクリーンインストールするにしろ、購入したプロダクトキーを入力すれば、アップグレードを進められます。

5. 無料版と有料版、どちらがおすすめ?

無料版 有料版 どちらがおすすめ?
Windows10をアップグレードする方法は、無料と有料の2種類あります。
条件に当てはまっているのであれば、無償アップグレードを利用するのがおすすめです。
もし無償アップグレードができなければ、有料のライセンスを購入しましょう。

試用版を使い続ける方法は、ライセンス違反なのでおすすめしません。
マイクロソフトの意向によって、試用版が突然使えなくなってしまう可能性もあるでしょう。

実際、Windows10以前のバージョンでは、試用版を使い続けることはできませんでした。
そのため、ライセンス違反を犯さないという意味でも、有料版を利用するのがおすすめです。

無償アップグレードや試用版の利用ができない場合は、ライセンスを購入する以外に、Windows10を使う方法はありません。

6.Windows10の無料の使い方まとめ

Windows10の無料の使い方 まとめ
最後に、当記事の内容をまとめます。

  • 要件を満たしていれば、現在でもWindows10へ無償でアップグレードできる。
  • Windows10を無料で使いたい場合、試用版を使い続けるという方法もある。
  • 試用版を使い続けるには、クリーンインストールが必要。
  • お金が必要となるが、有料のライセンスを購入すればWindows10を使えるようになる。
  • 試用版を使い続ける方法はライセンス違反なので、無償アップグレードに失敗したらライセンスを購入するのがおすすめ。

現在でもWindows10への無償アップグレードは可能です。
Windows10にアップグレードしたいと考えている方は、一度専用サイトへ行き、インストールツールのダウンロードを試してみましょう。

スポンサードリンク
Windows
ワカルニをフォローする
3分で分かるに変わる!パソコンインストラクターが教える情報サイト | ワカルニ

コメント