LINE上級者が教えるLINE@の使い方まとめ!LINE@のメリットとは?

lineアット LINE

「LINEで商業用の専用アプリがあるらしいけど、どういう使い方をすればいいのかな?」
「LINE@を使い始めたけど、どんな使い方をすれば集客につながるんだろう…」

みなさん、こんな悩みをお持ちではないでしょうか?
LINE@(ラインアット)はLINEから派生した商業用の専用アプリです。
基本的な機能はLINEと同じですが、商業用に特化した便利な機能がいくつかあり、うまく使うことでリピーターの獲得が見込めます。

この記事では、LINE@の使い方についてまとめました。
これを読んで充実したSNSライフを送ってください!

LINE@って何?

「LINEは使っているけどLINE@はよく知らない」という方も多いと思います。
まずは、LINE@の基礎知識を確認しておきましょう。

何のために使われているの?

LINE@は商業用にリリースされたLINEの派生アプリです。
2019年春に、サービス統合によって名称が「LINE公式アカウント」に変更されました。

以前は企業利用のみでしたが、現在は個人利用も解放されており、だれでも登録して使用することができます。
基本的な機能はLINEと同じであり、友だちを登録して相手とチャットをしたり、電話をしたりすることができます。

そのうえで、商業用に特化したいくつかの機能が付いています。
たとえば、アカウントからたくさんの人に一斉にメッセージを送信できる機能や、 アカウントの基本的な情報を載せられるアカウントページ機能、クーポンを配信する機能など、集客に便利な機能があります。

これらの機能を生かして、「アンケートでお客様の要望を集めつつ、クーポンでもう一度来たくなるようにお得なサービスを紹介する」というように、個人商店や企業でリピーターの強化を図るというのがメインの使い方となります。

LINE「公式」との違いは?

LINEでは「公式」と名前の付いたアカウントがいくつかあります。
みなさんもLINE公式アカウントなどを一度は目にしたことがあるかと思います。
これらの「公式」のアカウントとLINE@のアカウントとの違いは何なのでしょう?

現在、「公式」アカウントとLINE@アカウントに違いはありません。
2018年にこれらのビジネス用アカウント、公式アカウントやLINE@アカウントのほかにもLINEビジネスコネクトやカスタマーコネクトなどはすべて統合されました。

これまでは、機能によってそれぞれ別のアカウントを取得する必要があったのですが、それがすべて公式アカウントとなり、それまで別のアカウントにあった機能はオプションとして使えるようになりました。

LINE公式アカウントはこれまで月額250万円からと高額で、限られた企業のみが使用していました。
その分機能が充実しており、プロモーション用スタンプの配布などができたのです。

しかし、この統合によってフリープランもできましたので、お試しでフリープランを使用し、感覚がつかめてから有料プランに移行するということが可能となりました。
初期費用も不要になり、個人経営の商店やフリーランスの方も使用しやすくなったため、間口がぐっと広がったといえます。

LINE@の基本的な機能

次に、LINE@の基本的な機能をご紹介します。

友だちアカウントに一括送信

LINE@では、友だち登録してくれた全員に一括でメッセージの送信できます。
これは、プランによって1カ月に送れる人数に限りがあります。

つまり、1ヶ月に1000人までで友だち登録してくれた相手が200人だとすると、一括で送れるメッセージは1カ月に5回までということになります。
この友だちの人数としてカウントされるのは年代、性別などを判別できる有効友だち数であるターゲットリーチのみです。

無料プランだと1カ月で1000通まで、ライトプランでは15000通まで、スタンダードプランでは45000通までです。
一括送信機能は、無料プランと有料プランで最も差が出る部分です。
無料プランで試しに送ってみる場合は、送れる回数に限りがあることを考慮して有用なメッセージに絞って送ってください。

なお、LINEと同じように友だちと1対1で行うトークではメッセージ量に制限はありません。
そのため、1対1トークを利用して問い合わせに対応することができます。

自動応答メッセージによって、時間帯に応じて内容を変更する「自動応答」、送られてきたキーワードに応じて返答を変える「キーワード応答」などを設定して、自分で答えなくても自動的によくある問い合わせに対応するようにすることもできます。

ホーム画面

LINE公式アカウントの場合、ホーム画面からほとんどすべての設定を行います。
ホーム投稿では、友だち登録してくれたユーザーのタイムラインに新商品のニュースやお得な情報を届けられます。

以前はホーム投稿の回数に限りがありましたが、現在は何回でも送ることができます。
ブロックされてしまわない程度に投稿してみましょう。

統計確認

LINE公式アカウントのホーム画面には「統計情報」というタブがあります。
通常のLINEにはない機能で、なじみのない人が多いのではないでしょうか。
このタブからはアカウントの情報として、友だち数、ターゲットリーチ、ブロック数などの推移が確認できます。

それだけではなく、タイムライン投稿に対する反応を投稿ごとにページビュー、ユニークユーザーなどで分析することができます。

ページビューはそのままページが見られた回数を指し、ユニークユーザーはページビューの中で友だち登録している人間を指します。
ページビューは同じ人間が複数回ページを閲覧した場合、それを1回1ページビューとしてカウントしますが、ユニークユーザーでは同じ人間が何回閲覧しても1ユニークユーザーとしてカウントします。
そのため、これをそれぞれ分析すれば、どのようなページが顧客にとって魅力的なのかを知ることができます。

また、LINE公式アカウントではクーポンを配信することができます。
クーポンには種類があり、受け取った人間全員が使える「全員配信」クーポンや、当選した人間だけが使える「抽選」クーポンがあります。

そして、このクーポンはそれぞれ開封率や使用率を分析することができます。
どのようなクーポンがより顧客に使ってもらえるのかを知りましょう!

LINE@の使い方

ここからは、LINE@の具体的な使い方についてわかりやすく解説していきます。

LINE@のアカウントを作る

LINE公式アカウントを作る場合、まずはアプリをダウンロードし「アカウントを作成」を選択します。
その後、LINEのアカウントかメールアドレスを登録すれば、LINE Business IDを設定できます。
アカウント作成フォームが表示されるので、アカウント名(変更不可)、画像、業種を入れてアカウントを取得してください。

LINE公式アカウントは、アカウントの習得の際に使用したLINEアカウント、または取得したビジネスアカウントでログインが可能です。
LINEアカウントでログインする場合は、LINEアプリでメールアドレスとパスワードを事前に登録する必要があります。

公式アカウントには、一般アカウントと認証済みアカウントという種類があります。
一般アカウントは、だれでも無料で作成できるアカウントで審査などは不要です。
IDを設定してアカウントを取得すればだれでも一般アカウントになれます。

一方、認証済みアカウントは、審査を通過するとなれる認証済みバッジつきのアカウントです。
一般でも認証済みでも変わりはありませんが、認証済みのアカウントになるとアプリ内で検索できるようになり、露出を増やすことができます。

LINE@の料金プラン

LINE公式アカウントの料金プランは、フリー、ライト、スタンダードの3種類があります。
初期費用はすべて0円です。
月額費用はプランによって異なりますが、フリープランを使用すれば月額0円で使用することができます。
もちろんその分機能も制限されますが、おもに変化があるのは一括で送ることができるメッセージの通数です。

フリーであっても使い物にならないということはなく、主だった機能はすべて使えますので、まずフリープランで感覚をつかんで、必要であれば有料プランに移行するという方法がメジャーです。

まとめ

LINE@そのものは統合によってなくなってしまいましたが、商業用の集客ツールとしてのアカウントはすべてLINE公式アカウントに統合され、ほとんどの機能も引き継がれました。
タイムラインや一括メッセージ、自動応答などを利用して、新しい顧客を得ることができそうです。

また、顧客の反応を分析することも簡単にできるので、今後のキャンペーンやクーポンの方針を決めやすくなっています。
これらの便利な機能を活用すれば、リピーターを増やすことができるでしょう。

スポンサードリンク
LINE
シェアする
wakaruni_contributorをフォローする
スポンサードリンク
3分で分かるに変わる!パソコンインストラクターが教える情報サイト | ワカルニ

コメント