LINEマスター直伝!わかりやすいLINE Payの使い方と過去のキャンペーン内容検証!

line pay LINE(ライン)

「LINE Payってどんなサービス?」
「LINE Payで有料のプランの支払いをしたい!」
「LINE Payのキャンペーンに参加したいけど、贈った相手に迷惑をかけてしまいそうで不安…」

皆さん、そんなお悩みはありませんか?

LINE PayはLINE関連のアプリなどでお金をチャージして使用できるカードです。
入手自体は簡単ですし、持っていると便利な機能もあります。

また、お得なキャンペーンも頻繁に行っており、LINEを利用する方なら一度は目にしたこともあるのではないでしょうか?

本記事では、LINE Payの使い方と過去にあったキャンペーンについてのトラブルについてまとめています。
この記事を参考に、LINE Payをうまく使って充実したSNSライフを送ってください!

LINE Payって何?

まずは、LINE Payの基本情報について確認しておきましょう。

LINE Payとは

LINE Payは、スマホでチャージしたお金のやり取りができる「スマホのおサイフサービス」です。

実店舗のLINE Pay加盟店での会計の際、スマホでコード画面を表示して支払ができます。
オンラインのLINE Pay加盟店での支払いの際も、決済手段としてLINE Payを選択して支払いできます。
クレジットカードとほぼ同じと考えてよいでしょう。

LINE PayカードというJCBブランドのカードもあります。
これはLINE Payと同じくチャージ式です。
あらかじめチャージした分を使用できるという点が通常のクレジットカードと異なる点です。

通常のクレジットカードは、引き落としは月末などにまとめて行われますので、買い物の際はクレジットカードの口座の残高は関係ありません。
しかし、LINE Payカードはチャージしたお金を現金の代わりに支払うので、チャージが不足している場合は使えません。
これは使いすぎを抑えられるという点ではメリットと考えることもできます。

LINE Payでできること

LINEと提携しているので、LINE上で友だち同士なら相手の口座番号を入力しなくても手軽にお金のやり取りや割り勘までできてしまいます。
手数料無料で割り勘などができますが送金や出金を利用するには本人確認が必要です。
この本人確認には2通りあります。
銀行口座登録か自分の顔写真のデータを撮影して送るかんたん本人確認です。
本人確認をすると

・残高上限の解除
・LINEの友だちに送金
・LINE Payの残高を銀行口座に出金

の3つの機能ができるようになります。

チャージは銀行だけでなくコンビニエンスストアなどでも可能なので、24時間365日いつでも気軽に利用できます。

また、LINE加盟店によっては特別優待などをもらうこともできます。
出金機能のみ1回につき216円の手数料が発生しますが、その他の機能はすべて無料です。

決済方法によって使えるお店が異なってきますが、通常の買い物や飲食だけでなく電力や水道の支払いも可能です。

LINE Payの使い方

それでは、LINE Payの具体的な使い方について見ていきましょう。

LINE Payを使うために必要なもの

規約に同意するだけで簡単に登録できます。
ウォレット上部の「LINE Payを始める」をタップし、規約に同意すれば登録完了です。

この後チャージをすればクレジットとして使うことができますし、チャージしなくても割り勘で友だちからお金を受け取ることは可能です。

チャージ方法は、

・銀行口座登録
・店頭でLINE Payカードを使ってチャージ
・コンビニエンスストアでチャージ
・銀行口座からオートチャージ

の4つがあります。
このため必ずしも口座や住所などを登録する必要はありません。

LINE Payカードの入手方法

LINE Payカードは作るだけなら無料でできます。
ホームページからQRコードをスキャンすることでカードの申し込みページに移動します。
カードのデザインを選び、名前と住所を入力して申し込みできます。

使用するにあたって手数料や年会費もかかりません。
申し込みから1~2週間でカードが登録した住所に届きます。
JCBブランドのプリペイドカードなので、スマホを使うコード支払いと違い、LINE加盟店だけではなくJCB加盟店で使えます。

LINE Payのキャンペーンはお得?過去のトラブル調査

ここからは、LINE Payのキャンペーン情報と過去のトラブルについてご紹介します。

どんなキャンペーンがあるの?メリットは?

キャンペーンは主に2種類あります。
条件を満たすと金額相当のポイントがもらえるキャンペーンと、支払いなどでLINE Payを利用すると支払金額の何パーセントかを還元されるキャンペーンです。

LINE Payではキャンペーンが盛んで、常に何かしらのキャンペーンが開催されていると言っていいでしょう。
条件が満たせるのならキャンペーンに参加してみるといいでしょう。

「みどりくじ」にまつわるトラブル

「みどりくじ」はLINEグリーンウィークで開催されたキャンペーンで使われていたくじです。

最大100万円分のポイントが当たるということで積極的に友だちとやり取りしていた方が多いようですが、一方でトラブルもありました。
LINE Payに登録していないユーザーが登録しているユーザーから送られてきたみどりくじを開封すると、LINE Payに自動的に登録されるというトラブルです。

これにはLINE側からの回答がありました。
当選金を受け取るには登録が必要なため、抽選時に利用規約に同意するとLINE Payアカウントが作成されるというものです。

つまり、くじを開封するときに利用規約とLINE Payに登録するということが表示されるため、利用規約はよく読んで同意を押してほしいということでしょう。
この場合、たしかにユーザーは同意してLINE Payアカウントを作成したということになります。
作成したくなければ同意しなければいい話ですからね。

このとき作成されるアカウントはパスワードなしの状態です。
送金などができないアカウントですし、口座のデータが勝手に送られるなどの被害はありません。

また、アカウントを作成したことで手数料が取られるといったこともありませんので、大きな被害はないと言っていいでしょう。
そのままアカウントを放置しても問題はありませんが、必要ないならば解約できます。

まとめ

LINE Payは、仲間内で割り勘をするときやキャッシュレスで支払をしたい時などに便利な機能です。
登録にはほとんど時間がかかりませんし、利用料の支払いもないので作っておくのもよいのではないでしょうか。

口座を登録しなくても出金や送金ができる方法があるため、より手軽な機能であるといえるでしょう。

スポンサードリンク
LINE(ライン)
シェアする
wakaruni_contributorをフォローする
スポンサードリンク
3分で分かるに変わる!パソコンインストラクターが教える情報サイト | ワカルニ

コメント