【4月27日新発売】天体撮影用鏡筒「Askar FMA135」(株式会社サイトロンジャパン)

ニュース

株式会社サイトロンジャパンは、Jiaxing Ruixing Optical Instrument社の天体撮影用鏡筒『Askar FMA135』を2021年4月27日より販売します。

『Askar FMA135』概要

Askar FMA135

発売日:2021年4月27日(火)
予想価格:税込み約40,000円
*実際の販売価格との差あり。

Askar FMA135』は、口径30mm、焦点距離135mm、F4.5とコンパクトサイズながら高性能な天体撮影用鏡筒です。
EDレンズを含む3枚玉アポクロマート式を採用しています。

◆製品特徴◆
・フラットナー内蔵でAPS-Cサイズに対応
・ビクセン社のファインダー台座規格に対応
・バックフォーカス55mm対応
・メスネジ搭載でアメリカンサイズフィルターの取り付け可能・M42×0.75オスネジ搭載で、カメラアダプターを取り付けデジタル一眼カメラ撮影も可能
・31.7mmAPSアダプタが付属されており、眼視観測にも使用可能
・鏡筒リング一体型ブラケットが付属されており、ガイド鏡やファインダーとして使用可能

製品仕様

Askar FMA135

サイズ(鏡筒長さ):約113mm
重さ:約370g(本体約280g/台座約90g)

レンズ構成:エアースペースタイプトリプレット6枚(内EDレンズ1枚)
口径:30mm
口径比:F4.5
焦点距離:135mm
バックフォーカス:55mm

付属品:鏡筒バンド+ファインダーブラケット/31.7mm接眼アダプター

Askar FMA135

株式会社サイトロンジャパンについて

設立:昭和36年/本社:東京都/会社HP
アメリカでライフルスコープの専門メーカーとして誕生。
USA・日本・フィリピン・中国に工場をもち、自社内での製品製造を行う世界でも数少ない光学メーカー。
双眼鏡の製造・販売、天体・野鳥観測や天体写真撮影用の望遠鏡やレンズを取り扱っている。

まとめ

Askar FMA135

株式会社サイトロンジャパンの新商品、天体撮影用鏡筒『Askar FMA135』が、4月27日より発売されます。
コンパクトサイズながら高性能な天体写真撮影用の鏡筒です。

ソース:【株式会社サイトロンジャパン】天体撮影用鏡筒「Askar FMA135」発売のお知らせ|PRTIMES

スポンサードリンク

コメント