【内閣官房が推進】引越し手続き一括サービス「引越しれんらく帳」が「引越しワンストップサービス 実サービス検証」に選出

引越しれんらく帳アイキャッチ ニュース

2020年7月29日、引っ越し手続き一括サービス「引越れんらく帳」が内閣官房情報通信技術(IT)総合戦略室が推進している「引越しワンストップサービス 実サービス検証」に選ばれました。

引越しワンストップサービス実サービス検証等に協力いただくポータル事業者が決まりました。 | 政府CIOポータル

引越しワンストップサービスサービスの実証について

引越しれんらく帳 見出し
世界全体がデジタル化にシフトチェンジしていく中で、日本でも2019年に行政手続きをデジタル化する「デジタルファースト法案」が可決されるなど、デジタル化へ向けた動きが推進されています。
デジタル化をすることで、ユーザビリティの向上はもちろん、事業者のコスト削減や生産性もアップし、社会全体の生産性が向上が見込めるのです。

特に引越しにおいては、電気やガスなどの手続きや公的書類の提出など、行政手続きが複雑で、引越しをする人たちの負担になっています。
また、事業者側でも、新型コロナウイルスが蔓延する社会的状況や労働人口の減少によるコスト負担が増えているのが現状です。

これらの状況を打破するため、「引越しワンストップサービス」には、内閣官房監修のもと、多くのポータル事業者や引越し事業者が参加しています。

引越しワンストップサービスの推進 | 政府CIOポータル

「引越しれんらく帳」の特徴

「引越しれんらく帳」には、以下の特徴があります。

  • 複数の事業者へ一括で手続きができる
  • 対応エリアは関東が中心
  • 利用料は無料
  • 24時間利用できる
  • 引越しれんらく帳とワンストップサービスの関わり

    京電力エナジーパートナー株式会社から受託している「引越しれんらく帳」は、電気やガス、水道の手続きを一括で申し込めるサービスです。
    2019年12月に行われた、引越しワンストップサービスの実証実験に協力主体として参画しました。

    今年度の実証サービスでも他のポータル事業者様と協業し、引越しワンストップサービスの普及に努め、利用者と受け手事業者の課題解決を目指しています。

    「引越しれんらく帳」のサービス情報

    関東圏をはじめとした主要なインフラサービス(電気、ガス、水道など)の引越手続きをインターネットで一元的に行う事ができるサービスとして、2002年に経済産業省主導で開始いたしました。引っ越し時の手続代行等、人が介在した引越手続支援サービスは国内でも多く存在しますが、利用者による入力から手続先事業者への手続情報共有まで一貫してシステムで実現するサービスは本サービスが国内最大です(2020年7月30日時点)。国内において引っ越しユーザが最も多い関東圏においては、ライフラインの引っ越し 手続きを行うデファクトサービスとして行政機関には認知されつつあります。これにより、引越れんらく帳と連携関係のない自治体や水道局のHPなどでもプロモーションされております。
    引越れんらく帳公式ページ

    ソース:引越し手続きの一括サービス「引越れんらく帳」が内閣官房の推進する「引越しワンストップサービス実サービス検証」に採択|PR TIMES

    スポンサードリンク
    ニュース
    ワカルニをフォローする
    スポンサードリンク
    3分で分かるに変わる!パソコンインストラクターが教える情報サイト | ワカルニ

    コメント