ビジネス人脈作りに!気軽にリモートランチができるビデオ通話サービス「バーチャルランチクラブ」が開始

バーチャルランチクラブ ニュース

バーチャルランチクラブ
本日(2020年7月13日)、エッグフォワード株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:徳谷 智史、以下当社)は、ビデオ通話サービス「バーチャルランチクラブ」をローンチしました。

「バーチャルランチクラブ」ってどんなサービス?

バーチャルランチクラブとは?
バーチャルランチクラブは、初めて会う人や久しぶりに会う人と、ランチ感覚で気軽に1対1のビデオ通話ができるサービスです。
堅苦しいビジネスミーティングの場ではなく、ランチという形でゆるくビジネストークができる場となっています。

サービスの利用に必要なのは、無料会員登録とログインのみです。
サービス内の機能を使って簡単にビデオ通話ができるので、SkypeやZoomなどのアプリの準備は必要ありません。

そして、最短30秒でマッチングが可能となっており、すぐに通話を開始できます。
直感的に使えるシンプルなサービスとなっているので、誰でも簡単に利用することが可能です。

どんな人が利用してる?

バーチャルランチクラブ ユーザー
バーチャルランチクラブユーザーには、様々なタイプの方が登録されています。
中には、有名なベンチャー企業のCEOや役員の方、起業家の方などもいらっしゃいますよ!

プロフィール欄には、社名や職種・役職を記入する欄もあるので、自身のアピールはもちろん、相手がどんな人なのかもわかった状態でビデオ通話することが可能です。
共通の業種の方はもちろん、普段出会えないような方とも、気軽にランチすることができます。

ランチ後には、お互いのレビューが投稿できるので、有意義な時間を過ごせるでしょう。

「バーチャルランチクラブ」でランチ相手を見つける方法

バーチャルランチクラブでは、次の2つの方法でランチ相手を見つけてビデオ通話が可能です。

自分でランチ相手を募集する

ランチ相手を募集
予定ランチ時間(15~60分間/15分単位で設定可能)を設定することで簡単にランチ募集が作成できます。
また、ランチの日時を設定して、事前にランチ相手を募集することも可能です。
そして、「ひとこと」の欄にどんな話をしたいかなどを記入することで、ランチ相手へのアピールもできますよ。

ランチ希望の相手から申請が来るので、承認すればビデオ通話ができるようになります

ランチ募集からランチ相手を探す

ランチ相手を探す
ランチを募集している相手にランチを申請を送る方法もあります。
マイページのホーム画面をはじめ、「ランチ募集を探す」「ユーザーを探す」などの方法から、現在ランチ相手を募集しているユーザーを探すことが可能です。

気になった相手にランチ申請メッセージを送り、相手が承認すれば、マッチング完了です。

また、気になるけれど日時が合わない・・・という場合には、別日程でランチを申請することも可能です。

バーチャルランチクラブまとめ

バーチャルランチクラブは、気軽にビジネストークができる便利なサービスです。
会員登録・利用は無料なので、気になる方は是非一度使ってみてはいかがでしょうか?

◆バーチャルランチクラブ
https://www.virtual-lunchclub.jp/

◆エッグフォワード株式会社
設立:2012 年 8 月 8 日
代表者:代表取締役社長 徳谷智史
所在地:東京都港区北青山3-3-11 ルネ青山ビル7階
URL:https://eggforward.co.jp/

◆エッグフォワード株式会社について

「いまだない価値(Egg)を創り出し、人が本来持つ可能性(Egg)を実現しあう世界を創る」ことをMission に掲げ、総合商社、メガバンク、戦略コンサル、リクルートグループなど、業界トップ企業数百社にコンサルティング・人材開発など幅広く⼿がける。近年は、「⼈と世界のいまだないターニングポイントを創る」べく、BtoC での採⽤・機会選択プラットフォーム「TURNINGPOINT」や、HR-Tech による人材の科学をする「MANAGEMENT COMPASS」等、多数の⾃社新規サービス開発も⼿がける。
引用元:PR TIMES

ソース:【開始1週間でビデオ通話2,000分突破!】オンライン前提社会にリモートランチで気軽に新しい人間関係を作り出す「バーチャルランチクラブ」をローンチ[PR TIMES]

スポンサードリンク
ニュース
ワカルニをフォローする
スポンサードリンク
3分で分かるに変わる!パソコンインストラクターが教える情報サイト | ワカルニ

コメント